« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月の記事

2006年3月31日 (金)

茅ヶ崎里山公園(2)

3/28、TR撮影です。
20060328s

最近、茅ヶ崎市立病院から、この里山公園まで「コミュニティーバスえぼし号」が走るようになりました。

桜のお花見には向きませんが、小さい子どもを遊ばせるには大庭城址公園よりこちらの方がいいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大庭城址公園(4)

3/28、TR撮影。
20060328o1

20060328o2

20060328o3

20060328o4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月28日 (火)

横浜、平楽(南区)辺り

ここはTRの地元で、この道の先に行くと港の見える丘公園があります。
200603241
本牧の街は返還されて様子が変わりましたが、ここは今でも、フェンスの向こうはアメリカです。

200603242
丘の上からはランドマークが見えます。

日本人の町並みとの対比がおもしろいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

えぼし岩の置物

茅ヶ崎にはこんなおみやげがあるらしい。
今日伺ったお宅に「いただいた」と、飾ってあったので、ちょっと借りてパチリ。
ガラス製。
20060325

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

横浜は桜、開花とか…

Y校(横浜商業高校)前の大岡川ではもうライトアップの準備OKのようです。
今年は梅の開花がだいぶ遅れましたが、桜はあっという間に見頃を迎えそうですね。
200603201

これはたぶんY校のカヌー部の人でしょうね。
Y校には珍しい部活があって楽しそうです。
200603202

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月20日 (月)

ラッピング電車

今日、運良く、横浜市営地下鉄の横浜港150年の変遷を車体にデザインしたラッピング電車に乗った。
車体には、マリンタワーやベイブリッジなどの横浜の観光名所、そして、座席のクッションにも赤煉瓦と港をモチーフにした絵が描かれていた。
カメラが電池切れで、携帯のカメラで撮ると音がするので恥ずかしくて撮れなかったのが残念。

・・・・・・・・・・

藤沢駅のホームには先日引退した湘南電車がモチーフの売店ができていた。

・・・・・・・・・・

東海道線の中。
男子高校生数人が左右のドアの中央に集まり、カバンを両足に挟み、右手でつり革、左手はポケットに突っ込んでいる(全員ではないが)。
そのうちの一人がいわゆるドカンという?学生ズボンをはいていて、その左手はズボンの左側のポケットではなく、なんと、左側のお尻のポケットに突っ込んでいる。もちろん腰パンだ。
これが格好いいのだろうか…
あのズボンは上着と共布のように見えた。作ったのだろうか?
などとしっかり見入ってしまった。

そういえば、うちの息子も高校の制服を作るとき(股下のサイズを決めるとき)に、お店の人にいつもはいている位置で試着してくださいといわれ…腰パンの位置で裁断されてしまった。
新品なのに~!
思わず「えっ」と思ってしまったのだが、かみしも状態ですり切れてしまうよりはということらしい。

・・・・・・・・・・

今日はいろいろ珍しいもの(光景)を見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 6日 (月)

料理の基礎本売れてます

今日の朝日新聞生活面のこの記事には笑ってしまった。
「料理用語分からない」が9割とかで、「びっくり水ください」と店頭に来た人がいたとか、「落としぶた」を豚肉だと思って肉屋さんに買いに行った人や、ふたを床に落とした人がいたとか。
大笑いだった。
しかし、息子に「この言葉知っている?」と聞いたら、何一つ知らなかった。
確かに…家で教えないことを実感した次第です‥(反省)

売れているという本は
「調理以前の料理の常識―基本の知識253 講談社の実用BOOK」¥1,470 (税込)

「続編の調理以前の料理の常識 2 講談社の実用BOOK 」¥1,470 (税込)

小林カツ代さんの「キッチン・ルール―台所の法則」¥880 (税込)
などでした。

私自身も知らないことが結構載っていそう!です。

追記(2006/7/28)
息子がひとり暮らしをしたいというので、この本を購入。渡す前に、目を通してみる。
これは必需品でしょう。
私は「みりんにはタンパク質が固まるのを助ける働きがある」というところをチェック。
煮崩れさせたくないもの以外は最後に入れるそうだ。これは今までいい加減だった。

ひたひた、かぶるくらい、たっぷりの水加減。う~ん。日本語って。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 5日 (日)

池波正太郎「夜明けの星」

親を殺された娘と殺した男の運命のふしぎなもつれあいと巡り合わせの物語。
最後の数ページには‥じーん‥ときてしまいました。

最近は年のせいかみんなが幸せにならない話はストレスが溜まるようになってしまいました。(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »