« 噴火から20年 | トップページ | 大庭城址公園(7) »

2006年11月23日 (木)

天晴れ 真田昌幸

先週、津波のニュースでボツになってしまった「その時 歴史が動いた」が昨夜放送されました。

真田昌幸さんのお話でした。
ずいぶん前に、今年亡くなられた丹波哲郎さんが昌幸さん役をされていたことが印象に残っていますが、その場面も番組の中でビミョーに使われていたかな?

秀忠を関ヶ原に間に合わせなかったことが、後々徳川が滅びることにつながっていくなんて、真田家は幸村さんが有名ですが、やっぱり、昌幸さんの方が一枚上って感じがします。

最後に映っていた上田高校弓道部のジャージの背面。六文銭がカッコイイ~。歴史のある土地の学校ってうらやましいです。
20061123


|

« 噴火から20年 | トップページ | 大庭城址公園(7) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91877/12792091

この記事へのトラックバック一覧です: 天晴れ 真田昌幸:

» その時歴史が動いた/我が手に郷土を~真田昌幸・信州上田の市民戦争~ [読書日記?]
 昨日の『その時歴史が動いた』、とても面白かったです~個人的には、『その時歴史が動いた』で放映した真田関係の中では一番良かった。昌パパ、カッコいいしv  ゲストの笠谷和比古氏(国際日本文化研究センター教授)のお話も、明快でわかりやすかったですね。特に、秀忠の上田攻めでの失敗が、幕末まで尾を引いたというあたり。  頭ではわかっていても、なかなか簡潔に説明するのは難しい歴史の流れを、簡潔に説明して下さいました。さすがは研究されている方ですよね。  先週もちらっと書きましたが、ゲストが某作家... [続きを読む]

受信: 2006年11月24日 (金) 18:44

« 噴火から20年 | トップページ | 大庭城址公園(7) »