« 藤沢周平・武家物の短編集 | トップページ | 文庫本のカバー »

2007年5月27日 (日)

藤沢周平・橋ものがたり

20070527210編の橋の上でのドラマが描かれています。
どれも余韻が残るお話でしたが、「赤い夕日」「小さな橋で」がよかったかな…。
『遠ざかる二人の背に、その日はじめての日の光が、静かにさしかけて来た。』これは「川霧」の最終行です。光景が眼に浮かびますよね~。
う~ん。この本は市井(しせい)ものの短編集の中では文句なしに星5つ!です。

さて
少し前の話です。私が録画しておいた「鬼平」の特番を見ていたとき、体調を崩して我が家に来ていた年寄りに、こういうのは話が似たり寄ったりだね。と冷ややかに言われたことがありました。
長く生きている人にそう言われると身も蓋もない。確かにそうかもしれない。めげずに見入っていましたが心の中では、本を読んでよ!と一言。
この鬼平犯科帳シリーズは作品も多く、ここには書いていませんが愛読していますよ。「梅安」とか「剣客商売」もね。

余談でした。

2009/7
◆NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便」の0時代に 松平定知さん朗読で「藤沢周平を読む」で橋ものがたりをやっています。
◆日本放送でも藤沢周平傑作選をやっています。

-------------------------
橋ものがたり
 小ぬか雨
 思い違い
 赤い夕日
 小さな橋で
 氷雨降る
 殺すな
 まぼろしの橋
 吹く風は秋
 川霧

|

« 藤沢周平・武家物の短編集 | トップページ | 文庫本のカバー »

コメント

こんばんは。ご無沙汰してしまいました。しっかりとブログ更新をがんばっているのですね。
「藤沢周平」がお好きなのですか?作品がドラマ化されたものは見たことがありますが、原作は多分読んだことがないような気がします。本は大好きなので時代物も読んでいますがなぜか縁がなかったみたいです。
「山本周五郎」は好きで文庫本をいっぱい持っています。でもたくさん読んで内容がゴッチャになってしまっています。読んだときはそれぞれとても感激したのですが、忘れたものも多く明確に思い出すものがありません。(ちょっと恥かしいですね)
これをきっかけにまず1冊読んでみようかな・・。

投稿: 花花 | 2007年5月28日 (月) 21:15

花花さん こんにちは。
時代物は本をいただいたことで昨年の初め頃から途切れることなく読んでいます。にもかかわらず、すでに話は頭の中でごっちゃになっています。ここに書くために読み直したりして!

読んでいて人情とかにも心を打たれるのですが、息子の剣道の応援に行っていた影響からか、殺陣の場面も好きだと言うことに気づき、はまっています。

山本周五郎の本は数冊しかなかったので、お勧めがありましたら教えてくださいね。

投稿: マーチ | 2007年5月29日 (火) 08:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91877/15222596

この記事へのトラックバック一覧です: 藤沢周平・橋ものがたり:

« 藤沢周平・武家物の短編集 | トップページ | 文庫本のカバー »