« バーベナ&タイム | トップページ | イタッ!階段を踏み外す… »

2007年6月27日 (水)

江戸ノベルズ

今朝の新聞に江戸ノベルズという広告が出ていました。文庫本カバーを描かれている蓬田(よもぎだ)やすひろさんが載っていたのでざっと目を通しました。
蓬田さんの挿絵は壁紙にしたい!と思うし、文庫本カバーの絵を集めた本が出ていたら欲しいくらいなんですけどね。

さて、読んでいくと、
「今まで時代小説を素通りしていた読者層が原作小説を手に取りだした。」の記事。
読み出した切っ掛けはちょっと違いますが、まるで私のことのようです。

特に連作ものや短編集はすぐに読み終えてしまいますし、読み返しても楽しいものです。読書というより、娯楽ですね、これは。

連作ものといえば、それぞれ短編の集まりであるように思えて、続きものもあるのでやっぱり一巻から順番に読まないとダメかなぁ。それで、はまっていく…うまい手にやられているわけですね。

ただ、題名だけでは順番がどうだかわからないシリーズものもあります。
佐伯泰英さんの本もそのたぐい。今夏NHKで「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズの「陽炎ノ辻」をやるようです。
先日、本屋さんに百冊刊行記念というパンフレットがあったのでいただいてきました。それをちょっと紹介しておきましょう。
200706271
クリックすると字が読める程度に大きくなります。

|

« バーベナ&タイム | トップページ | イタッ!階段を踏み外す… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91877/15577734

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸ノベルズ:

« バーベナ&タイム | トップページ | イタッ!階段を踏み外す… »