« 宮部みゆき「ぼんくら」&「日暮らし」 | トップページ | 高校野球観戦 »

2007年7月19日 (木)

山本一力(いちりき)「銀しゃり」

題の如く、鮨職人のお話です。
主人公の新吉に、親友の順平兄妹、旗本家来の小西秋之助、おあき・杉作親子たちが関わってきます。
粋な江戸っ子たちの暮らしぶりが目に浮かぶ深川人情物語です。

おしまいの方は、えぇ~。ここから先の話はたったこれだけ(の枚数)で終っちゃうの?モードに。
もうちょっと、ページをめくりたかった本でした…。

|

« 宮部みゆき「ぼんくら」&「日暮らし」 | トップページ | 高校野球観戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91877/15809718

この記事へのトラックバック一覧です: 山本一力(いちりき)「銀しゃり」:

» 方丈記 (鴨長明) [童話の森(10分で読める名作文学)]
行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。世の中にある人とすみかと、またかくの如し。玉しきの都の中にむねをならべいらかをあらそへる、たかき... [続きを読む]

受信: 2007年7月19日 (木) 16:48

« 宮部みゆき「ぼんくら」&「日暮らし」 | トップページ | 高校野球観戦 »