« 桜漬けとゆかり | トップページ | 山本一力(いちりき)「銀しゃり」 »

2007年7月12日 (木)

宮部みゆき「ぼんくら」&「日暮らし」

まずは「ぼんくら(上下)」。長編時代ミステリーと書いてありますが、上巻の半分ほど読んだあたりではこの長屋に関わる人たちの連作のような感じを受けていました。
それが
上巻の最後に名探偵コナンのような12歳の美少年が登場して…。納得です、確かに長編ミステリー。

この少年・弓之助とぼんくらな同心・平四郎のコンビが物語を面白くしていくのです。上巻ではふたりがコンビを組むなどと言うことはつゆほども思いませんでしたから、そこにまた引き込まれるのかも知れません。

こういう話は好きです。登場時点で悪者らしい人が悪者ですし!?
さて、鉄瓶長屋はなくなってしまうのでしょうか…。

そして、ぼんくらの話には続きがあります。
それは「日暮らし (上・下 文庫本は上中下)」で。
ぼんくらの最後に登場した幽霊が?殺されるのです。そして、平四郎・弓之助コンビが真犯人に迫ります。その幽霊が亡者となり!? こちらの本も最後まで楽しめます。

さらに続編が書かれています(小説現代)のでそのうち本になることでしょう。

 

|

« 桜漬けとゆかり | トップページ | 山本一力(いちりき)「銀しゃり」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91877/15732937

この記事へのトラックバック一覧です: 宮部みゆき「ぼんくら」&「日暮らし」:

« 桜漬けとゆかり | トップページ | 山本一力(いちりき)「銀しゃり」 »