« 大庭城址公園 12 | トップページ | 鎌倉 長谷寺 4 »

2007年10月 3日 (水)

「さぶ」山本周五郎

話の大部分を占めるのは、頭のいい、おとこまえの、苦労知らずである栄二が無実の罪で送られた「人足寄場(よせば)」での暮らしです。

題名は物語の最初と最後に登場する さぶ になっていますが、素直に読めば、主人公は栄二です。深く読むと題名の持つ意味が浮かぶのでしょうが…。

同じ奉公先で働く愚直な さぶ、小料理屋で働く おのぶ が重要人物で、おすえ もそこに加えておきましょうか。
その3人+寄場仲間、与力らが、かたくなな栄二関わって、そして…。

真犯人がだれかは、物語の最後にわかります。そこまでの話が面白かっただけに、私はその結末にはいささか興ざめでしたよ、栄二さん。

|

« 大庭城址公園 12 | トップページ | 鎌倉 長谷寺 4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91877/16652444

この記事へのトラックバック一覧です: 「さぶ」山本周五郎:

« 大庭城址公園 12 | トップページ | 鎌倉 長谷寺 4 »