« ガーデンシクラメン発芽 | トップページ | カメラ内部の汚れ除去 »

2007年11月14日 (水)

「吉原手引草」松井今朝子

今年の直木賞受賞作品です。
「?」さんが訪ね歩いて対面した人たちが「?」さんに向かって一方的に話している文になっています。

こういう書き方、そう言えば「壬生義士伝(浅田次郎)」やそれとは若干様子は違うけど先日の「つくもがみ貸します」も、宮部みゆきの本でもあったような…。

そう言えば、壬生義士伝(上下)はおもしろかった~。特に下巻の方が。下巻の方がおもしろいという本は多いですが、下巻だけ読むわけにも、ねェ。

「吉原手引草」はその上巻にありがちな登場人物の説明がないんです。う~ん、そうとも言えないか…。
何やら舞鶴(まいづる)屋の葛城(かつらぎ)という花魁(おいらん)が何かの事件でどうにかなって、「?」さんはそれを調べている、ということで読み進んでいきます。
結局最後の章でわかるのですが、頭の中が何となくスッキリしないような…。
何の事件かも、「?」が誰だかもわからないまま読み進むというのは、ちょっとストレスたまるかな~。

詭弁(きべん)、弄弁(ろうべん)、嘘も方便…。人の話というものは無駄口が多いし、世の中、人の話だけではなかなか核心に至らないものですよねぇ。

|

« ガーデンシクラメン発芽 | トップページ | カメラ内部の汚れ除去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91877/17068008

この記事へのトラックバック一覧です: 「吉原手引草」松井今朝子:

« ガーデンシクラメン発芽 | トップページ | カメラ内部の汚れ除去 »