« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月の記事

2007年12月31日 (月)

髪結い伊三次(いさじ)捕物余話(よわ)

宇江佐(うえざ)真理です。
TVが鳴っていても読める本なので、お正月用にと思って居間に用意しました。
髪結い伊三次捕物余話シリーズは文庫本になっていない本もあって借りて読んではいますが出たら欲しいと思っています。文庫本には単行本にない後書きや解説があるのでそれも楽しみのひとつなんです。

表題は文庫で「幻の声」、「紫紺のつばめ」、「さらば深川」、「さんだらぼっち」、「黒く塗れ」、「君を乗せる舟」、「雨を見たか」が出ています。(一部追記しています。2009/8現在)

伊三次は北町奉行所定廻り(じょうまわり)同心不破の小者(こもの=手下)もしています。同心の家族、深川芸者の文吉との恋もからんで本の冊数と共にレギュラーメンバーが増えてきて、歳も重ねていきます。
作者はこのシリーズをず~っと続けてくれるそうなので、今後にも楽しみにしています。

こういうシリーズ本は読み出すと止められず、暮れのウチに文庫5冊全部読了してしまいました。(君を乗せる舟は1/10に出ました)
仕方ない、お正月に読むのは何にしようかな?と思っていたら、息子が読み終えた文庫本の模倣犯(宮部みゆき)が転がっていたので拝借することにしました。
「え?単行本は確か、上下2冊だったよ」
「だって、単行本は持って歩けないじゃん」
と、いうわけで文庫本になると5冊もあるのには驚きました。私だったら5冊ボーンと買ってから読み始めるのですが、息子は仕事の合間に読んでいるだけなので読み終えたら次という買い方です。読み終えるのをだいぶ待つことになりそうです。
…………
TVを付けたら第九をやっていました。誰もいないのでたまにはと、聴きながら書いています。
喜び合うということはどんなに大切なことかと唱っているのだそうです♪みなさまよいお年を♪

記事を書いた日以降の髪結い伊三次捕物余話シリーズの新作の本
2008/7  我、言挙げす (単行本)
前作あたりから、不破の息子・龍之進のかかわる話が多くなってきています。
2010/7 今日を刻む時計 (単行本)
1冊を通して、主に龍之進の結婚話で、伊三次一家は脇役に。捕り物の話はほとんどなくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月27日 (木)

お好み焼き

カブの葉っぱで作りました。ほかにも大根の葉っぱやたまにスーパーで見かけるアシタバでも作ることがあります。カブや大根の葉っぱをほかの調理方法で出すと売れ行きが悪いのですが、これだと一回の調理で完食なのですよ。
200712271 200712272
みじん切りしたカブの葉っぱ+タマゴ(2,3個)+お好み焼き粉(カップ1くらい)+水(適宜)です。
200712273
ソースを掛けていただきました。かつお節を振ってもおいしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

クリスマスプレゼント

Merry Christmas !

休日の夜明けとともに洗濯ものを干しているウチはそうはあるまいと思いながら、仕事に出かける前にブログを書くゆとりがあるなんて…。

さて、ニフティからクリスマスプレゼントが届きました。マグカップです。何に応募したのかは覚えてないんですけどね。当たったんだと思います、たぶん。

200712242 200712241


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月21日 (金)

宮ヶ瀬 光のメルヘン

宮ケ瀬クリスマスみんなのつどい」に行って来ました。以前から行ってみたいと思っていたのですが、やっと行くことができました。25日まで17:00から23:00まで開催されています。
いろいろな年代の方で溢れていました。車いすの方も楽しまれていましたよ。風はなかったのですが、深深と冷えてきます。
200712211 200712212
こちらは点灯前の様子です。
200712213 200712214

200712218 200712219
↑このハートマークの真ん中に上のクリスマスツリーが見えるのですが、撮影の順番待ちの行列ができていました。誰が指示したのでもなく、きちんと並んでいるのが何とも日本的?でほほ笑ましい感じです。
200712215 200712216 200712217
TRの撮影した写真も混ざっていますが、私はND4フィルターを付けて撮影しました。最後の2枚はちょっとズーミングして遊んでみました。(クリックするといくらか大きくなります)

途中、開場の中に山火事発生の防災無線が流れていました。乾燥していますからね。大したことがないとよいのですが…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

双子座流星群

東から昇って西に沈むと聞いて9時頃2階の窓を開けて見てみました。火星はわかりましたが、私は目が悪いし、街灯はこうこうとしているし、車は通るし、残念ながら確認できませんでした。こんな風に見えるとうれしいんですけどね。
200712141

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月11日 (火)

小田原城

小田原城内の展示物の小田原ちょうちんの三得の記載をメモしてきましたので紹介しておきましょう。
1.折りたたむと懐中に入るので携帯に便利
2.平骨製なのでのりしろが多く湿気を受けてもはがれにくい
3.大雄山最乗寺の神木を使ったことから狐や狸に化かされる恐れがなく道中の障害悪魔退散のご利益があるといわれた
………
そうだ!せっかく来たんだから、いつかテレビでやっていた小田原の風鈴が欲しい。と思い、観光案内所に寄って尋ねてみました。とってもよい音だったんですよね~。
先月、小田原街かど博物館の19番(だったと思う)に登録されたそうですが、案内所にあった地図にはまだ記載されていませんでした。今日は住所と電話番号をメモさせてもらったので、次回来たときにでも行ってみようと思っています。
柏木美術鋳物研究所で、街角博物館 砂張ギャラリー鳴物館を兼ねているそうです。
(小田原風鈴購入の後日記事はこちら)


………
携帯で小田原の情報がわかる!と街のいろいろなところにカラーコードが表示されていました。携帯で撮って…と書いてあったのですが?のまま帰ってきて家で調べてみると、カラーコードリーダーをダウンロードしなければならなかったようです。QRコードだったら悩まなかったのに…。

200712118 200712119

2007121110 2007121111

2007121112 2007121113
↑秀吉の一夜城(石垣山)があったのは鉄塔が建っている辺りでしょうか?
2007121114 2007121115

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雄山最乗寺 4

200712111やっとTRと休みが合ったので行って来ましたが、やはり紅葉の時期は終わっていました。枯れ葉そのもので…まだ、これから始まるという時期の方がマシだと思いました。

小田原からの大雄山線も大雄山駅から道了尊までのバスもスイカ(パスモ)でOKでした。小田原までのJRもOKだし、小銭がいらないのはいいのですが私はオートチャージにしていますので、いくらかかったのか???なのがちょっと問題かな。ま、交通費だけだから知れてますけど。

200712112 200712113

200712114 200712115

200712116 200712117

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

レッズ登場!

今日はクラブW杯にレッズが出てきますね。

レッズファンの息子とのやりとりです。

「明日は横浜FCだから大丈夫だよ、勝てるでしょ、」
「でも、この間、どこだったっけ?負けたじゃん」
「愛媛…」
…そして、Jリーグの優勝は鹿島へ。
 その愛媛FCは横浜FCにも勝って、次は川崎フロンターレ。こちらは天皇杯のお話です。

「レッズ負けたじゃん」
「このままだとクラブWカップ勝てなそうだな。ま、一応、応援するよ」

今日はアジア予選でフロンターレが敗れた相手、セパハン。先日は勝利しましたがどうなりますでしょうか?

追記:12/16
レッズ、ACミランには1-0で負けましたが、アフリカ代表のエトワール・サヘルにPK戦の末、勝利して3位でした!おめでとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 7日 (金)

三溪園3

紅葉の見頃!「入園料300円ウィーク」(12/16まで)ということでTRが行って来ました。
TRはこんなに混んでいる三渓園は初めてだと言っていました。私はここの近くの学校だったので桜の季節の宴会状態を知っていますけど(今はできないのかな?)、紅葉の季節は年齢層がグッと高いようです。
200712071 200712072 200712073

200712074 200712075 200712076

200712077 200712078

200712079 2007120710

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

「雨あがる」山本周五郎

山本周五郎短編傑作選。
椿三十浪が上映されていますが、その原作を含めて映画などになった4つのお話が入った本があります。図書館で探してみたらいかがでしょう。
私は椿三十郎を見に行きたいな。

「日日平安」:椿三十郎
空腹のために切腹しようとする浪人菅田平野(すがたへいや)が映画では椿三十郎ですね。物語の中ではまったくカッコイイ感じはしないのですが…。

「つゆのひぬま」:海は見ていた
暴風雨の後の高潮に襲われ、屋根の上でおひろは真実だと思うのもほんのいっときのこと、露があるうちの朝顔…と以前言った言葉を取り消し…。

「なんの花か薫る」:海は見ていた
岡場所のお新と客の武家との恋のお話。仲間がお新の幸せのためにお新に客を取らせず…。

「雨あがる」:雨あがる
安宿で夫婦で暮らす伊兵衛は剣の腕前はピカイチなのになかなか仕官の話がまとまらない。そこへ仕官の話が舞い込み…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »