« 鎌倉・江の島七福神 | トップページ | うぐいす豆 »

2008年1月13日 (日)

宇江佐真理「恋いちもんめ」

長編完結です。
メインは水茶屋「明石屋」の娘 お初 と八百清の倅(せがれ) 栄蔵 との恋のお話です。
この手のお話には欠かせない恋のライバルも現れますが、いい味を占めているのはお初の父親の源蔵とその友人の口入れ屋の佐平次でしょうかねぇ。現在では存在しそうもない方々なんですよ。

「大川に花びらが落ちて帯のように繋(つな)がって流れていたぜ」
「あれを花筏(はないかだ)と言うそうだ」
「筏なら、いっそ乗りてェような気持ちよ。夢の国にでも連れて行ってくれそうで」(抜粋)

|

« 鎌倉・江の島七福神 | トップページ | うぐいす豆 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91877/17680121

この記事へのトラックバック一覧です: 宇江佐真理「恋いちもんめ」:

« 鎌倉・江の島七福神 | トップページ | うぐいす豆 »