« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月の記事

2008年5月27日 (火)

くりはま花の国

横須賀線で鎌倉より先に行くのは初めてです。京急の駅とはだいぶイメージが違いました!
くりはま花の国では6/8までポピーまつりで最終日の14:00~16:00に参加費無料で花摘みができるそうです。入園、冒険ランド、足湯無料です。
0805271 0805272
園内はかなり広く、フラワートレインで移動される方も多く見かけました。大人片道200円。
0805273 0805274
(写真右)ちょっと写真ではわかりにくいかも知れませんが、白い羽根の蝶だか蛾だかが大量発生していました。(写真下)羽化したばかり、にも遭遇しました。
0805275 0805276

0805277 0805278
(写真右)アナログ時計に似ているから、「とけいそう」ですって。

0805279 08052710
ゴジラのしっぽが滑り台になっています。

08052711 08052712
数枚の花の写真には虫が‥いますcatface
写真はクリックするといくらか大きくなります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

記念艦「三笠」

横須賀:三笠記念館、戦艦三笠です。
司馬遼太郎の「坂の上の雲」を読んで、松山まではおいそれと出かけられませんがここは近場なのでやってきたわけです。(坂の上の雲の読書メモ記事はこちら)
船体は横浜の山下公園に浮かぶ「氷川丸」より、一回り小さい感じです。当時は最先端だったのでしょうが、この船で良く戦ったなと思います。
08052713 08052714
(写真左)銅像は東郷平八郎大将。(写真右)一昔前のパチンコ屋で良く流れていた行進曲「軍艦」の碑はペンキをかけられたり、いろいろ受難に遭ったそうで、これは平成15年に建てられたものだそうです。
08052717 08052718
なにやら、イベントが行われるようです。えっ?今日は海軍記念日sign02へぇ~。
関係者の挨拶が始まるまで、脇から見学?させてもらいました。
式は日本海海戦でZ旗がマストに掲げられた時間5月27日13:55分(確か、そう言っていたと思う)に始まりました。

08052719 08052720 08052716
(写真左)海ゆかばの曲で旗が揚げられ、この曲、調べたら出征兵士を送る歌だそうで…。(写真中央)東郷神社から拝借してきたという、日本海海戦で実際に揚げられた「大将旗」が下げられました。(写真右)東郷司令長官が戦闘指揮を行った場所です。(写真下)そのときの立ち位置です。
08052715
帰りはJRの横須賀駅に向かいました。
08052721 08052722
潜水艦と南極観測船「しらせ」(オレンジ色の船)を見かけました。

今日は記念日だったので、記念艦や広場にいる方々の90パーセントが関係者って感じだったからでしょうか、「右」の世界でした。つ、ついて行けない‥。ああ、海軍カレー食べてくるんだったsad

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

司馬遼太郎/坂の上の雲

坂の上の雲」は文庫本では全8巻、司馬遼太郎全集では24~26巻。
松山出身の明治の軍人秋山兄弟と正岡子規の話が中心です。子規の死後は日露戦争の話になっています。‥子規は日露戦争前に亡くなっています。

遺族の時代になっても秋山家と正岡家は交流があったそうです。彼らにとって戦後とは第二次世界大戦以降も日露戦争後のことを示し、陸軍のほう(兄、またはその家のこと)、海軍のほう(弟またはその家のこと)という家族用語が使われていたそうです。(司馬遼太郎/ひとびとの跫音(あしおと) 上より)
この「ひとびとの跫音」には司馬さん自身も登場し、子規の死後、正岡家に養子に入った忠三郎とおさななじみの西沢隆二(タカジ)を中心に"人間がうまれて死んでゆくということの情趣のようなものをそこはかとなく書きつらねている"本です。どちらかというと司馬さんより藤沢周平さんが主役に持ってくるタイプの方のお話です。

寄り道しました。「坂の上の雲」に戻りましょう。
日露戦争のヤマ場は陸は奉天大会戦で、海は日本海海戦。戦艦三笠が連合艦隊の中心でした。日露戦争で日本の勝利に締めくくらししめたのは、この海戦で日本側の完全以上の勝利によるものだったそうです。それゆえか、物語の軸は参謀だった弟の真之(さねゆき)でしょう。

七段構え戦法とか下瀬火薬とか『本日天気晴朗ナレドモ 波高シ』‥どうも戦法には興味がわかないし、このカタカナ表記の読みにくさ。で、その辺りは斜め読みで済ませました。

「だるまさんが転んだ」の遊びを「乃木さんは偉い人」でやったり見たりした年齢層があると思いますが、兄の好古(よしふる)は騎兵団でその陸軍の乃木希典(のぎ まれすけ)のもと、突破されると戦いのすべてを失う場所を任されました。好古はのちにおいっ子に、負けてばかりいたが、伯父さんは逃げなかったぞ、といったそうです。
また、
この本では乃木さんて、ちっとも偉くないじゃん、という書かれ方をしていることもお伝えしておきましょう。

この頃はそう言えば富国強兵がスローガンだったんですよね。貧しくて食べるものがなくても、です。とにもかくにも勝利したことでロシアの東の果てが東京にならなかったわけですから…。しかし、国も国民もなぜ勝ったのかをしっかり学習しなかったために?この40年後…。

司馬さんが生きているときは映像化を拒んでいたそうですがNHK(全13回)で来秋から3年間に渡って放送されるそうです。
真之・・本木雅弘さん、好古・・阿部寛さん、子規・・香川照之さん。

日本海海戦の開戦日だった5/27に行った記念艦「三笠」の記事はこちら

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

鎌倉文学館 '08/05

半分、おしゃべり目的だったので、鎌倉文学館にだけ行ってきました。
江ノ電には、グループ行動中の小学生がぞろぞろ。ふむ、遠足ではみやげを買うはずないから、修学旅行だろうな。なんで、鳩サブレばっかなんでしょsweat01と、思いつつ…。

鎌倉文学館は、混んでましたsign01バラの匂いも長く居ますと鼻についてきます…。
0805211 0805212

0805214 0805213
ダイアナ

0805215 0805216
プリンセスアイコ&エンプレスミチコ

帰りの鎌倉駅で東京に行きたいと言う外国人グループに遭遇。英語はしゃべれないcoldsweats02って言ったんですけどねえ、しつこく聴いてくるんですよ、他にいくらでも人がいるのにぃ~。
仕方なく身振り手振りでここに入って来た電車に乗ればいいと言うことを伝えたら、Thank you!とホームの先に進んで行きました。
しかし、ホームに入ってきたのは「新宿ライン」。これ、東京には行きません。結局、これは行かないと追いかけて探して伝え、たまたまそばにいた駅員さんに後のことはお願いし、我々はその電車に乗り込みましたpaper
やれやれ‥。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月19日 (月)

ゴーヤ開花

苗で植えたものは早いですね~ 今朝見つけましたheart04
0805191 0805192

0805193こちらはヘチマ。やっと双葉ですsweat01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

城山三郎/そうか、もう君はいないのか

2000年に亡くされた奥様のことを当初は書きたくなかったそうですが「ママがね、夢に出てきて『私のことを書いてくださるの?』って言うんだよ」と本腰を入れはじめた矢先に入院されたそうです。
そして、昨年ご本人も亡くなられれ、これは遺稿だそうです。
そう時間をかけずに読み終えるでしょう。

巻末に娘さんが書かれた父が遺してくれたもの-最後の黄金の日々-でさらに城山さんの本心に触れた感じがしました。

茅ヶ崎には開高健さんも住んでおられて今は記念館になっていますが、城山さんも住んでおられ、茅ヶ崎での暮らしも垣間見ることができます。

また、この本の中に出てきた「指揮官たちの特攻―幸福は花びらのごとく」は神風特別攻撃隊の最初と最後の隊員のことが中心に書かれています。
以前読んだことがあるのですが、終戦を知らないで沖縄へ飛んだはずのこの最後の特攻隊員中津留達雄大尉がとても哀しく、印象に残っています。そうそう、茅ヶ崎で行われたサザンのコンサートのこともちょびっと出てました。

追記:
NHKのハイビジョン特集「ただ一人“おい”と呼べる君へ~城山三郎 亡き妻への遺稿~」を録画していたのを見ましたので‥。
花びらのような幸福は、花びらより早く散り、枯枝の悲しみだけが永く永く残る‥
「指揮官たちの特攻‥」は当初、少年兵の話になる予定だったそうですが、残された家族の悲しみと奥様を亡くされたご自身の悲しみが重なったのでしょう、家族のあるふたりの話になったそうです。

追記2:
TBSでドラマになるようです。城山三郎(田村正和)、妻の容子(富司純子)。
こちら

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

電子レンジ壊れる

0805151
回っている途中で小さめな「ブチッ」という音とともにウンともスンとも言わなくなりました。
しばらく電源を外してもう一度入れてみてもダメ。冷凍したご飯を温めている途中だったので、仕方なく蒸しましたよ。
レンジ横の文字を追うと15年前の製品です。たまたまTRが休みだったので買い換えることにしました。特別な料理に使うわけではないので、使っていたのと同じやや小振りの陳列品を10パーセント引きで購入。

世の中小振りになる傾向ですが、オーブン料理もできる電子レンジは15年前と大きさはあまり変わりませんね。ただし、値段はお安い。15年前のものは、メイドインジャパンでしたからね、その違いでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

東野圭吾/手紙

読書メモは久しぶりのUPです。春先からカメラ片手に出歩く機会が多くなり、本は読みっぱなしでした。
読んだのにまた(図書館で)借りてきてしまう場合もあるんですよ。しかも、ある程度読み進んでから、これ、読んだことあるな、と気づく始末ですからいけません。

東野圭吾の本も「秘密」「レイクサイド」「トキオ」「白夜行」…他に題名も内容も忘れてしまったものもありますが、いろいろ読んでいます。
事件は解決しても後味が悪いというか、読んだ後に時代ものの「めでたしめでたし」で口直し?した内容のものもありましたかね~。
予約なしには借りられない本も多く、他の本も貸し出し中になっていることが多いのですが、つい手に取ってしまう作家のひとりです。…買ってまでは読まないンですけど。

さて、「手紙」です。ベストセラーになった本で見ていませんが映画にもなっています。
服役中の兄から月に一度、弟宛に手紙が届きます。「強盗殺人犯の弟」の直貴が主人公です。
ジョンレノンの「イマジン」の歌詞が物語を引き立てます。"想像してみろよ。差別や偏見のない世界を"

しかし、「強盗殺人犯の兄がいること」がたびたび直貴の幸せの壁になり、次第に返事も書かなくなりますが、兄は転居先を調べてまでも手紙を送ってきます。
その兄が、出した手紙が弟を苦しめていたことに気づくのはずっと後のことになります。
そして、
弟は兄が毎月手紙を送っていた相手が自分だけでなかったことをやはりずっと後に知ります…。

「想像してごらん」
こんなことをしたら、こんなことになると言う想像力が足らないのかも知れない、と思うこの頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 9日 (金)

え?もう?

200805092
いただきましたcherryサクランボです。ご自宅で実ったそうです。
輝きを強調しましたwink

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

地震

今日の午前1時45分ごろnightの茨城県沖の地震で我が家の辺りも震度3だったようです…。
しかし、
気づかずに、夢の中sleepyでした。TRもです。3ぐらいなら目が覚める自信はあったのですが、ぐっすりでしたshockホントに揺れたのかしら?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

今日は何の日

080506今日は4日の振替休日だった、のよ、ね?
→こんな感じで9月に大連休、って年もあるんですってshineでも、どこも混んでいますからねぇ。そう言えば、明日が一年で一番空いている、って聞きましたけど?ディズニーランドですよ。ホントかしら?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

ツバメ '08/5

今年もお隣りさんの玄関にツバメが巣を作っています。なんと賢いflair表通りから見えない位置、お隣さんがおウチから外に玄関ドアを開けるとなんとか見える位置に作っているのですが、カラスがヒナを狙っているのでしょうか。昼間、巣に近づこうとするカラスやらスズメやら他の鳥たちと何度かバトルを繰り返していました。
0805045

0805046_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タイム&カモミール

0805041 0805042
タイムがかわいい花をつけています。
0805043 0805044
↑わすれな草も。そろそろセージも咲きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茅ヶ崎里山公園 ’08/5

明日はこどもの日ですね。公園の空をこいのぼりが泳いでいます。
0804301 0804302

0804303 0804304
写真は4/30にTRの撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月 1日 (木)

小田原風鈴

柏木美術鋳物研究所まで買いに行くのは遠いな、と思っていましたら駅の近くで「小田原風鈴」を売っているお店を見つけました。
栄町一丁目と銀座通りの間(栄町2-9-46)にある「焼きもの処」火曜定休。

黒澤明の映画にも使われたという風鈴は6千円台でしたが、購入したのは鈴虫の音色と松虫の音色がする1200円前後のものです。いずれも柏木美術鋳物研究所で作られたものです。
上品で感じのよいご主人に伺って店内の写真も撮らせてもらいました。
とってもいい音色notesなかなかいい買い物をしましたshine満足満足。

小田原風鈴HP:音色視聴ページは

0805018 0805019

08050110 08050111

| | コメント (8) | トラックバック (0)

小田原城・御感(ぎょかん)の藤

推定200年の古木で思ったより、垂れ下がっていなかったので散歩途中の土地のご老人に尋ねると、顔の前まで垂れ下がっていたものだが、その光景を見たことがある人も(亡くなってしまい)いなくなってきたとおっしゃっていました。ということはそれは6、70年前のことでしょうか…。

そこから、ご老人の講釈が始まり、あそこが源頼朝が旗揚げした山だとか、さらに時代が戻って古事記の話から二宮尊徳の話まで。切り上げるのに?苦労しましたが、見てきたような面白いお話でしたsign01

0805011 0805012

0805013 0805014 0805015

0805016 0805017

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »