« 都忘れ4色 | トップページ | 小田原風鈴 »

2008年5月 1日 (木)

小田原城・御感(ぎょかん)の藤

推定200年の古木で思ったより、垂れ下がっていなかったので散歩途中の土地のご老人に尋ねると、顔の前まで垂れ下がっていたものだが、その光景を見たことがある人も(亡くなってしまい)いなくなってきたとおっしゃっていました。ということはそれは6、70年前のことでしょうか…。

そこから、ご老人の講釈が始まり、あそこが源頼朝が旗揚げした山だとか、さらに時代が戻って古事記の話から二宮尊徳の話まで。切り上げるのに?苦労しましたが、見てきたような面白いお話でしたsign01

0805011 0805012

0805013 0805014 0805015

0805016 0805017

|

« 都忘れ4色 | トップページ | 小田原風鈴 »

コメント

こんにちは^^
樹齢200年ですか!! 立派な藤ですね~
↓のみやこわすれの花も
しっとり楚々としたたたずまいが好きな花♪
日本の四季って素晴らしいですね^^

投稿: ym | 2008年5月 1日 (木) 18:03

ymさんへ
大正天皇がたいそう褒めたことで御感の藤と呼ばれるようになったそうです。今はちょっと木も年をとったな、って感じですけど、ありがたい感じがする立派な木ですよ。

投稿: マーチ | 2008年5月 1日 (木) 20:11

ご老人の講釈・・・ちょっと想像しながらクスクスしてしまいましたhappy01

藤の花に「ハチ」はいませんでしたか?
先日見た藤の花にはハチがブンブンいて怖かったです。

投稿: 紫音 | 2008年5月 1日 (木) 21:11

紫音さんへ
ハイ、地面に杖で地図を書きながらの講釈でした!
いちばん上の右側の写真をクリックしてみてください!クマンバチじゃないかしら…。
藤棚の回りに柵がしてあって中に入れないので棚の下にいるかどうかはわかりませんが、棚の回りには1、2匹ですが飛んでいました!

投稿: マーチ | 2008年5月 2日 (金) 07:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91877/41056004

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原城・御感(ぎょかん)の藤:

« 都忘れ4色 | トップページ | 小田原風鈴 »