« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の記事

2008年7月31日 (木)

トウモロコシご飯

この間、テレビでやっていたので適当に作ってみたのですが、おいしかったので、今日は撮影しながら作りました。
0807311 0807312

トウモロコシは胚芽の部分に栄養分があるというので、手で、もぎ取りました。
この間は収穫したばかりのものを使ったのですが、この方法ではうまく取れなかったので、トウモロコシを立てて、包丁で上から下へツゥ~っと、はがしてしまいました。でも、今日はうまく取れましたよsign01 この間のは、新鮮すぎたのかしら?
0807313 0807314
二人しかいないので、二合のご飯に上記のナマのトウモロコシ一本分を入れ、加えたのは塩だけです。水の量はいつも通り、ちょっと堅めが好みなので、お米の1.3倍。
味もいいけど、食感がいいかな。ちょっと、トウモロコシの割合が高かったsign02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

アサガオもやっと!

3日ほど前から、毎年種を取って植えているアサガオが咲き出しました。ホントに名のごとく、10時には、しぼんでしまいますけど。
0807301 0807302

昨夜はテレビで国立競技場でやっていたサッカーを観戦していましたが、すごいthunder雨でしたね~。観客席から選手が見えないんじゃないか、ってくらい降ってたんじゃないかしら。。競技場に落ちなくてよかったです。
お客さんたちは、びしょ濡れだったし、帰ろうにも電車が止まっていたみたいで、どうしたのかなッ?アルゼンチンでもカミナリは鳴るのかしら?なんてことを思いつつ‥。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

はしごで収穫!

届かない位置に実をつけたゴーヤ、見捨てるのはもったいない大きさに育っていましたので、はしごを出してきて収穫しましたsign01ゴーヤは今までに数本収穫し、ゴーヤチャンプルやカレーに入れたりしておなかの中へ。
それと、やっと咲いたヘチマの花。尾花のようです。あとはアサガオです。やっとつぼみが見あたるようになったので、もう少しで咲きそうです。
0807251 0807252

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

日差し強し

0807241日差しが強くて、ウチのアサガオもしおしおです。ヘチマもですが、まだひとつも花をつけないのです‥。

0807244町も朝からカッカと熱せられています。

0807245通りがかりのお宅の門のところで。この大きさのひまわりなら、鉢植えでステキです。

おしまいは、ご近所の畑のナス。
0807242 0807243

昨日は一番日差しの強い時間帯に、平坦な町ではありますが、4キロ近く「向かい風で」チャリを走らせたのですよ。しかしsign01最後の方は惰性でペダルが回っている状態に。sun暑いし、進まないし、漕ぐ気も失せてしまいました~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

のぼうの城/和田竜(りょう)

人気の本です。

敵は石田三成、迎え撃つは北条方、武州・忍(おし)城。小が大を制するお話です。
緒(しょ)戦に勝利した後、忍城は水攻めにあうのですが…。

‥俺たちがついていなきゃ、あののぼう様はなにもできやしねえ‥
のぼう様の一言で急に戦うことになっちゃったわけで、敵味方の困っている様子やもめている様子が手に取るように伝わってきます。漫画的な画面も、あり得そうな感じがしたし、なにより敵も味方も脇役も、キャラがいい。
ストレス解消になる痛快なお話でした。

北条つながりで余談です。忍城より先に小田原城が無血開城してしまったわけですが、秀吉は、城を出て「自分が切腹するかわりに他の者の命を助けてほしい」と申し出た北条氏直を殺さなかったのです。
そして、高野山に追放し、なお、1年後にこれを許し、氏直は河内の国狭山藩の大名になり、藩は幕末まで存続したそうです。(その時歴史は‥より)
秀吉という人物が、いちばんあり得ないことをするんじゃない? .

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

お城好きのTRが同じ「忍城」のことが書かれている 「風野真知雄/水の城 いまだ落城せず」を持ってる!と、見せてくれました。私は、この作者の「耳袋秘帖シリーズ」は読んでいて、おもしろいな、と思っていました。TRはまだ読み終えていないと言っていましたが、お先に拝借、一日完読です。

話の根本は歴史上の話なので、のぼうの城といっしょですが、成田長親(ながちか)はのぼう‥より主人公らしく描かれ、甲斐姫の義母の名前とか、人物設定などいろいろ違うところもあります。武州忍城の攻防記とありますが、のぼう‥に比べれば、硬く感じるという程度です。読み比べてみるのもおもしろいかもしれませんね。

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
「のぼうの城」主な登場人物など
北条側
 武州忍(おし)城 (現:埼玉県行田市)

十七代目当主:成田氏長(うじなが)
妻:珠(たま)  娘:甲斐(かい)姫←戦国の巴御前
先代長泰の弟:泰季
       息子:長親(ながちか):のぼう様
家老
 正木(まさき)丹波守(たんばのかみ)利英(としひで) vs正家(佐間口)
 酒巻靱負(ゆきえ) vs三成(下忍口)
 柴崎和泉守(いずみのかみ) vs吉継(長野口)

秀吉側
 石田治部小輔(じぶしょうゆう)三成 初名:佐吉
 大谷刑部大輔吉継(ぎょうぶたゆうよしつぐ)
 長束(ながつか)大蔵大輔正家(まさいえ)
・・・・・・・・
村人
 たへい 
 息子:かぞう 妻:ちさ 娘:ちどり
清善寺 六代目住僧:明嶺
・・・・・・・・
関(かん)八州(関東八州)
 相模(さがみ)・武蔵・安房(あわ)・上総(かずさ)
 下総(しもうさ)・常陸(ひたち)・上野(こうずけ)・下野(しもつけ)
。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
2009/4/21 TRが湘南新宿ライン経由で片道2時間半掛け、その「忍城」に行ってきました。 行田市郷土博物館になっています。行田は「足袋」の生産地なんですね。また、水攻めにあったこの行田市は低地で水位が高い地形をしていて、市内には埼玉(さきたま)古墳群などの古墳群が確認されているそうです。
0904211
↑クリックすると大きくなります。
0904212 0904214 0904213
お城なのに、なぜか、釣り鐘が・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

届かない場所に

二階の窓から見下ろしたところ & 下から見上げたところ
0807172 0807173
ハシゴにでものぼらなければ届かない場所に、ゴーヤが生っています…。

0807171 0807174
夏空が広がって来ました。一カ所にはグリーンカーテンで、もう一カ所の窓にはすだれを「二重に」下げてみました。しかしながら、室温が下がっている実感はあまりなくsweat01今日はエアコンのお世話になっています‥。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

初30度越え?

湿度が高い日は多かったのですが、30度を超えたのは、たぶん、今年はじめてだと思います。エアコンもはじめて入れましたsweat01
0807131
梅サワーを漬けてから、ひと月ほど。
水と氷で割って、試しに飲んでみると・・・これが、美味しい~good
こんな暑い日には、何杯でもいけそうです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

しずり雪/安住洋子

この本が作者のデビュー作のようです。
内容は
しずり雪:幼友達との友情…
寒月冴(さ)える:昇り龍にも登場する見習い医員が、死んでしまった者の願いを叶えようと…
昇り龍:娘のために、最後まで何も言わずに逝った父…
城沼の風と:藩の不正に絡み父を失い、残された長男は…

短編集と思いきや十手を預かって20年以上になる岡っ引きの友五郎が全部の話に登場しています。
「城沼の風」は本の半分を占めています。武家の話になっているので、岡っ引きの登場場面なしかと思いましたが、最後の方に出番あり!でした。この友五郎、名脇役というか、ドラマの配役テロップでは一番最後に流れる役柄になりましょうか。

過去のいきさつがうまい具合に絡んでくるのですよね、胸キュンのお話ばかりが並んでいます。一気読みしてしまった本でした。

追記:
続いて読んだ「夜半(よわ)の綺羅星(きらぼし)」は「しずり雪」の、過去版という感じでしたので、追記します。
この物語は、序章で出てくる「十手を預かっている父親」が主人公で、登場する片腕の男が、そうなったいきさつ、が書かれています。
終章で、カメラが片腕の男からずうっと引いて、町並み、そして夜半の綺羅星で終える画面が浮かんでくるようでした。
それで、友五郎親分は出てくるかって?もちろん出て来ますよ。‥過去版ですからpaper

他に短編で「福良雀(ふくらすずめ)」

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

昨日は、夕方から霧が出ていました。
夕方、温湿度計を見ると、22度。ふむ、温度は意外と高くない。しかし、湿度の針は100パーセントに近くを指していましたsweat01
どおりで、汗は蒸発しなかったし、手足もほてっていたわけです。

急な暑さ、湿度が高い‥これであと気温が30度を超えていたとしたら、熱中症にかかりやすい気候条件の三役そろい踏み、ってところ。
こんなときには要スポーツ飲料ですね。

このスポーツ飲料、そのまま飲むと濃すぎる、薄めて飲んだ方がよいと言う話も多々聞きます。
息子が高校生の頃、大塚製薬の人が来て、商品の宣伝も兼ねてスポーツ選手のサプリについて説明してくれたことがありました。そのとき確か、あの青いラベルのスポーツ飲料は、体液に近い成分と濃度で作っているので、すばやく吸収されるのだ、と言っていたような。売るための方便かも知れませんが、薄めないで飲んで欲しい、ってことでした。でも、糖分も入っていますから、夏太りの危険大。で、飲み過ぎは厳禁ですよね。

写真は早朝散歩で。ほとんど真下からの撮影。噴霧器の中を歩いているような気持ちよさはありましたが、帰ってくれば、汗びっしょりでした。
ゴーヤはウチのゴーヤです。水滴がびっしりでした。
0807061 0807062

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

辻堂駅前再開発

関東特殊鋼という工場の跡地です。
写真は新しくなった辻堂駅西口歩行者通路から撮りました。
広大な土地です。どう変わっていくのか‥ときどき訪れてみようと思っています。
2008/7/5
0807051 0807052
写真左:藤沢方面、写真右:辻堂駅方面を望む

0807053
大庭方面を望む

そう言えば、戸塚駅前も再開発中です。戸塚は工場の跡地ではなく、お家やお店などが退いての再開発です。詳しくはこちら

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
2009/1/14
ところどころに街路樹が植えられてきました。
0901143 0901144

0901145 0901146

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

ハリガネ草

以前、花だと思っていたのは実だったようで、(その記事はこちら)、これが、ハリガネ草の花‥なのでしょうか?
左の写真は、受粉から2週間ほど経ったゴーヤ。ず~っと天気悪かったから、育ちが悪いのかしら?まだお店に売っている大きさにはほど遠いのですが、いつ穫ったらよいものやら。。
0807041 0807042

0807043 0807044

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »