« 届かない場所に | トップページ | はしごで収穫! »

2008年7月22日 (火)

のぼうの城/和田竜(りょう)

人気の本です。

敵は石田三成、迎え撃つは北条方、武州・忍(おし)城。小が大を制するお話です。
緒(しょ)戦に勝利した後、忍城は水攻めにあうのですが…。

‥俺たちがついていなきゃ、あののぼう様はなにもできやしねえ‥
のぼう様の一言で急に戦うことになっちゃったわけで、敵味方の困っている様子やもめている様子が手に取るように伝わってきます。漫画的な画面も、あり得そうな感じがしたし、なにより敵も味方も脇役も、キャラがいい。
ストレス解消になる痛快なお話でした。

北条つながりで余談です。忍城より先に小田原城が無血開城してしまったわけですが、秀吉は、城を出て「自分が切腹するかわりに他の者の命を助けてほしい」と申し出た北条氏直を殺さなかったのです。
そして、高野山に追放し、なお、1年後にこれを許し、氏直は河内の国狭山藩の大名になり、藩は幕末まで存続したそうです。(その時歴史は‥より)
秀吉という人物が、いちばんあり得ないことをするんじゃない? .

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

お城好きのTRが同じ「忍城」のことが書かれている 「風野真知雄/水の城 いまだ落城せず」を持ってる!と、見せてくれました。私は、この作者の「耳袋秘帖シリーズ」は読んでいて、おもしろいな、と思っていました。TRはまだ読み終えていないと言っていましたが、お先に拝借、一日完読です。

話の根本は歴史上の話なので、のぼうの城といっしょですが、成田長親(ながちか)はのぼう‥より主人公らしく描かれ、甲斐姫の義母の名前とか、人物設定などいろいろ違うところもあります。武州忍城の攻防記とありますが、のぼう‥に比べれば、硬く感じるという程度です。読み比べてみるのもおもしろいかもしれませんね。

。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
「のぼうの城」主な登場人物など
北条側
 武州忍(おし)城 (現:埼玉県行田市)

十七代目当主:成田氏長(うじなが)
妻:珠(たま)  娘:甲斐(かい)姫←戦国の巴御前
先代長泰の弟:泰季
       息子:長親(ながちか):のぼう様
家老
 正木(まさき)丹波守(たんばのかみ)利英(としひで) vs正家(佐間口)
 酒巻靱負(ゆきえ) vs三成(下忍口)
 柴崎和泉守(いずみのかみ) vs吉継(長野口)

秀吉側
 石田治部小輔(じぶしょうゆう)三成 初名:佐吉
 大谷刑部大輔吉継(ぎょうぶたゆうよしつぐ)
 長束(ながつか)大蔵大輔正家(まさいえ)
・・・・・・・・
村人
 たへい 
 息子:かぞう 妻:ちさ 娘:ちどり
清善寺 六代目住僧:明嶺
・・・・・・・・
関(かん)八州(関東八州)
 相模(さがみ)・武蔵・安房(あわ)・上総(かずさ)
 下総(しもうさ)・常陸(ひたち)・上野(こうずけ)・下野(しもつけ)
。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
2009/4/21 TRが湘南新宿ライン経由で片道2時間半掛け、その「忍城」に行ってきました。 行田市郷土博物館になっています。行田は「足袋」の生産地なんですね。また、水攻めにあったこの行田市は低地で水位が高い地形をしていて、市内には埼玉(さきたま)古墳群などの古墳群が確認されているそうです。
0904211
↑クリックすると大きくなります。
0904212 0904214 0904213
お城なのに、なぜか、釣り鐘が・・・

|

« 届かない場所に | トップページ | はしごで収穫! »

コメント

あれ~~昨日コメント入れたつもりだったのに~「確認ボタン」を押しただけだったみたいですbearing

「ストレス解消になる話」って読んでいて
スカッとしますね。
この本、表紙がとっても個性的shine

投稿: 紫音 | 2008年7月23日 (水) 21:43

紫音さんへ
世の中、長いものに巻かれよ、って方が大半ですから、この手の話は判官びいきな日本人好みでしょう。
表紙はオノ・ナツメさんという漫画家だそうです。book内容も、戦国時代の戦記物にしてはクスリと笑えるところ、あり、でしたよ。

投稿: マーチ | 2008年7月24日 (木) 06:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91877/41934222

この記事へのトラックバック一覧です: のぼうの城/和田竜(りょう):

« 届かない場所に | トップページ | はしごで収穫! »