« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月の記事

2008年12月29日 (月)

大庭城址公園 '08/12

0812295TRが購入したカメラ(EOS 50D)の試し撮りに行ってきました。冬~って感じですね。写真の一番下右は春に載せた桜の木です。1本の木に見えますが、ホントは後ろに同じような木が2本立ってるンですcoldsweats01

私はちょびっとだけですが明日まで仕事があります。元旦はTRが仕事だから早起きするし、sunそうだし、私はbicycleで初日の出でも見に行こうかなあ‥。 寒いかな~

0812291 0812292

0812293 0812294

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

三日月が円(まる)くなるまで/宇江佐真理

長編です。
父に命じられ、藩士の汚名を雪(そそ)ごうとしている庄左衛門の助太刀を命がけですることになった刑部(おさかべ)小十郎。
家主の紅塵堂(こうじんどう)の一家と、間者かも知れない雲水の賢龍(けんりゅう)も大いに関わってきます。

小十郎は、気概に乏しい、不満を抱きつつも人の命令に逆らうことも出来ない、世の中に一番多くいそうなタイプなんですよねェ、何につけても庄左衛門にかなわないこのお方が主人公。
で、
物語は、その助太刀の話と紅塵堂の娘、ゆたとのキュンと切ない恋が並行して進んでいくのですが、はてさて…。

--------------
続いて
小十郎の恋のお相手が先に登場していた本、「銀の雨」も紹介しておきましょう。
こちらもスイスイ読める連作短編集です。

堪忍旦那と呼ばれる北町奉行所定町廻り同心の為後勘八郎(ためごかんぱちろう)は若くて融通の利かない岡部主馬(しゅめ)と対局にいる存在。
その勘八郎には自分と瓜二つで器量のよくない一人娘の小夜がいる。その小夜は主馬に岡惚れ‥。
お互い跡目同士、間違っても小夜の亭主になることはないことが、勘八郎のわずかな救いだ。

その角を曲がって 小夜と仲良しのおみちの父親が命を落とす事態となり…。登場人物の紹介も兼ねながら物語が進みます。
犬嫌い 主馬は二十歳の年上の娘を追い掛け…。主馬をいなごと呼ぶ「紅塵堂」のゆたがここで登場します。
魚捨てる女 しじみ売りの梅助は干物を作って生計を立てている浪人郁之助と知り合い…。
松風 このお話で主馬は立場を一変させることになります。
銀の雨 小夜は小太刀の稽古に通い出した。主馬との仲は気まずくなり…。

「銀の雨」でのゆたの登場は、話を引き立てます。残念ながら、三日月…には堪忍旦那もいなごも登場しないんですけどね。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

ラットマン/道尾秀介

姫川亮(りょう)は30歳。高校時代の同級生とバンドを組んでいる。
姫川はときおり過去に思いを巡らせる。小1のときに事故で姉を亡くしているのだ。それは事故だったのか…。

≡ ほとんど同じ絵のはずなのに、動物と並んでいるほうは、ネズミに見える。人の顔と並んでいるほうは、おっさんの顔に見える。ネズミと言ってしまえばもうネズミ、おっさんと言ってしまえばもうおっさんにしか見えない ≡

バンドメンバーはドラムだけ2年前からひかりの妹の桂に替わっている。
姫川はひかりと高2から付き合っているが、気持ちは桂に向いていた。

メンバーが練習中のスタジオの倉庫で、ひかりが死んだ。これは事故ではなく…。
過去の事故と今回の事件‥、姫川は…sign02

一気読みしちゃいました。後味が悪くないミステリーでしたねgood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

ハッピー・クリスマス

0812251 0812241

昨日、仕事先の近くのケーキ屋さんに寄りました。さんざん悩んだのですが、bicycleでのお持ち帰りには不適なものばかり・・・で、これになりました。やっぱり、この日ぐらいはケーキ食べたいよね、きょう、買ってこようかな、どーしようかな~think
Tree


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

辻堂海浜公園

イルミネーション&ライトアップがこぢんまりと行われています。(25日まで)
富士山が見えていたので、先に海浜公園正面の海岸に行ってみました。
もう少し早く着くように出かければよかったのですが、134号線の信号待ちをしている間sign02に日が沈んでしまいましたね。信号機は3分待って1分もたたずに赤に変わってしまう?って感じ。道路、空いていたんだけどなぁ。

右手には、えぼし岩&富士
0812231 0812232

正面には伊豆大島 / 左には江ノ島 ←ここももう少し待てばライトアップされるはずですが、寒くてその時間まで待っていられず、会場に向かいました。
0812233 0812234

0812235 0812236

ジャズのコンサートが行われていました。(写真右)
0812237 0812238

0812239 08122310

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

この本が、世界に存在することに/角田(かくた)光代

その人と本との個人的なおつきあいが、それぞれに描かれている短編集です。

旅する本 
だれか 
手紙
彼と私の本棚
不幸の種
引き出しの奥
ミツザワ書店
さがしもの
初バレンタイン
 あとがきエッセイ 交際履歴

表題は最後の「初バレンタイン」の中の、=神さま、この本が世界に存在することに感謝します= からですね。

そうね、物語を読んでいるのではなく文字を見ているだけのときもあるし、
私を呼ぶ本ねぇ…
『だってあんた、開くだけでどこへでも連れてってくれるものなんか、本しかないだろう』って。それも、言えるgood
などと思いながら、パラパラと読み進めます。

どこかの待合室で自分の名前を呼ばれることを気にしながらの一冊に、向いている本だと思いますが、今のところ文庫は出ていないみたい。

-------------☆-------------☆-------------

0812151今朝はこの冬の初氷がshine

冷え込みましたbearing

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

すす払い

鶴岡八幡宮です。これは今日のローカルニュースに流れるかな?
0812131 0812132 0812133

0812134 0812135

0812136 0812137

TRが、今、「秋の上高地」のTV番組を見ながら、年に見頃はたった3日という北アルプスの涸沢(からさわ)の紅葉に挑戦してみるか、ですって。
ムリムリpaper
八幡さまの大イチョウの黄葉の見頃に当たったこともないくせにsign01

カメラを買うらしいんですよ。なんだか一生懸命その良さを語っています。私に(今使っているカメラを)ちょうだい!といったら、「まだ使う」ですって、にべもなく却下されました。どーぞ、勝手にしゃべってて。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大巧(だいぎょう)寺

鎌倉駅近くのお寺です。安産祈願のお寺のようで、戌の日の腹帯(でしたっけ?)をもらいに来ている方がいました。
08121311 08121312

こちらは本覚寺。
08121313 08121314 08121315

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

豆餅

昔懐かしの豆餅を売っているお店があると聞いて、仕事先からbicycle回ってみました。
これ、どこにも売ってないんだよな、
こりゃ、ホントに手作りだな、
というのがTRの感想。

他にもお稲荷さんやかんぴょう入りののり巻き、赤飯のおにぎりなどなつかしいものが並んでいました。また買いに行こう、っと。
0812101 0812102
あんこが苦手の私は上の2個。TRには豆大福も買ってきてあげました。すあまのピンクも毒々しくないでしょ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ひょうたん

0812091でかっ・・・。
酒屋さんの店頭にあります。定休日だったので近づいて見ればよかったんですけど、酒屋さんには縁がないので、近寄りがたかった‥。ホンモノのひょうたんなのかしらsign02

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

赤めだか/立川談春(たてかわ・だんしゅん)

弟子と師匠の内輪話‥そして、「お前等売れたら談志師匠のエピソードで本出せるぞ」という部分もアリです。
談志にイエモトの仮名、談春も時にオレ、時にボクの仮名が振られていたり、誰が話しているのかは振られた仮名がわかりやすくしてくれます。
落語家のお噺?ですから笑える場面もあります。
よく出てくる「根多」はネタと読むのだろうけど、辞書には載ってないなぁ。。  

☆「よく芸は盗むものだと云うがあれは嘘だ。盗む方にもキャリアが必要なんだ」
☆相手の進歩に合わせながら教える

「質問はありませんか?」と言われても、何がわからないのかわからないことってありますものね。
談春さんよりも、談志さんのなりがよくわかる本でした。

公民館の図書室の受付(司書さんでしょうが…)の人から本を受け取るときに、
「この本人気がありますよね、この人の落語も聞いたことがあるんですけど、面白かったhappy01
という話を聞き、本を途中まで読んだ段階でPCの電源を入れ、談春サンのCDを図書館の資料検索してみたものの引っかからずwobbly 衝動買いしてしまいましたcoldsweats01
その一言がなければ、恐らく注文しなかったのですけど、ね。 
本から本へのリンクはよくありますが、CD購入は初めてでした。しかも、落語とは‥。

゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜

そのCDは注文から2日後に届きましたsign01早速聞いてみる。
最近のお笑いは何で可笑しいのかわからないところがあるけど、観客と同じところで笑えるじゃないgood  

゜・。。・゜゜・。。・゜゜・。。・゜
2009/4/8から
文化放送 毎週水曜日 午後9時30分~午後10時00分 立川談春ご本人が朗読!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

変わらぬ風景

0812071写真の少し先が先日事故があった踏切で、遮断機の前にはいくつもの花束が供えてありました。
いつものように富士山はそこに見えるし、電車も通過していきます。
こういった事故の場合、悲しみの前に詫びが先…で、ご家族の方も複雑な思いをされていることでしょう…と。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

朝夷奈切通  '08/12

(地図には朝比奈切通と載っています)鎌倉駅の5番線乗り場から、京急バス「金沢八景駅」行きに乗って、「朝比奈」で下車。来た方角に少し戻って道路を渡ると、案内看板があるのでそこを入っていきます。バスはSuicaokです。一律料金ではないので乗るときと降りるときに「ピッ」とやります。

滑川のせせらぎを聞きながら歩くコースですね。
山道です。滑りやすいところや上り下りのきつい場所もあります。
歩きやすい服装や、運動靴を履くなど、十分な準備をしてください。雨の降った後はぬかるんで特に滑りやすくなりますので十分にご注意ください。とは鎌倉市観光課の注意事項ですが、そのとおりですpaper

朝比奈バス停から十二所神社バス停に向かうコースは、ほとんどが下りです。
沢が流れ込んでいるところもあるので、足もとには注意が必要でしょう。私たちは三脚をセットしての撮影をしながらshoe約1時間かかりました。

081202

↓クリックすると文字が読めます。(あさいなきりどうしではなく、あさいなきりどおしだと思うのですが…)
写真右の上に見えるのは高速道路(横浜橫須賀道路)です。
0812021 0812022

0812024 0812025 0812026

0812023 0812027

0812028 0812029

08120210 08120211

神秘的なところでした。こんな道を鎌倉時代の人はよく作ったな、と思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

浄妙寺 '08/12

朝比奈切り通しに行ったあと寄りました。こちらも紅葉が見頃です。紅い色のもみじの落ち葉がきれいでした。
08120221 08120222

08120223 08120224

08120225 08120226

08120227 08120228 08120229

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »