« マイカップ割引 | トップページ | 氷室椿庭園 '09/03 »

2009年3月 8日 (日)

鶴嶺(つるみね)八幡宮の大イチョウ

源氏が関東へ進出する第一歩として祀った最初の氏神社ではありますが、このことはあまり知られていません。
・・・という鶴嶺八幡宮です。
イチョウの大木がありますが、冬のイチョウは絵になりませんcoldsweats01 新緑の頃と紅葉の時期にまたbicycle来たいと思います。
0803071 0803072
クリックすると字が読める程度に大きくなります。

下の「しだれ梅」のイラストはクリックするとやや大きくなります。
080308 Sidare

|

« マイカップ割引 | トップページ | 氷室椿庭園 '09/03 »

コメント

神社の屋根に比べても、銀杏がすごく大きなのがわかります。
いくら大きくても、冬の銀杏は絵になりませんねhappy01

投稿: 紫音 | 2009年3月 8日 (日) 19:56

紫音さんへ
こちら方面には滅多に行かないのでこんな大木があるとは知りませんでした。でも、イチョウと書かなければthink何の大木だか?でしたね~。

投稿: マーチ | 2009年3月 8日 (日) 20:34

立派な銀杏ですね。秋にぜひ見てみたいです。
源義家って義経のお父さんでしたっけ?
年代を感じますね・・・。

投稿: 花花 | 2009年3月10日 (火) 17:24

花花さんへ
義経のおとうちゃんは義朝だったと思います。源氏はヨシヨシ、平家はモリモリしていて誰が誰だかわかりにくいですよねthink 日本史の挫折の切っ掛けはこれでしょうかねsweat01

投稿: マーチ | 2009年3月10日 (火) 19:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91877/44279699

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴嶺(つるみね)八幡宮の大イチョウ:

« マイカップ割引 | トップページ | 氷室椿庭園 '09/03 »