« 国宝 阿修羅展 | トップページ | くりはま花の国 '09/5 »

2009年5月23日 (土)

浮世女房洒落(しゃれ)日記/木内昇

この間読んだ茗荷谷の猫が面白かったので、借りてきました。

古い洋館の天井裏で現代語訳したものを見つけたという設定になっていますが、お葛(かつ)という小間物屋の女房の(一年間の)手記です。
おばさん目線で書かれている江戸版のブログといったところ。しかも人気ブログになること間違いなしの内容ですわ。

・この歳になると「たら」と「もし」ばっかりだ。
・(イケメンの火消したちを)うっかり拝みそうになる。
・(しわに効く塗り薬を買いに来た人の)井戸水が噴き出しそうに深い皺(しわ)は、未だそのまま。
・明日から、今度こそほんとに甘いものを断つつもり。
そして、
・子ども相手になにを勝つ。
などなど亭主の悪口も盛りだくさん。

笑えて、スッキリしました!順番待ちすることなく借りられた本ですが、文庫本になったら手元に置いておきたい本です。

|

« 国宝 阿修羅展 | トップページ | くりはま花の国 '09/5 »

コメント

内容の箇条書きに「あはは~」と笑ってしまいましたhappy01
「江戸版のブログ」という表現がナイスですgood
うちの近所の図書館もやっとPCで予約できるようになりましたcoldsweats01

投稿: 紫音 | 2009年5月23日 (土) 22:07

紫音さんへ
いろいろなことに「明日から、今度こそほんとに」で人生終えそうですdash

PC予約は便利ですが、一度に何冊も「用意できました!」状態になって、せっせ、せっせと読んだこともありますwobbly でも、一長>一短ですよ。

投稿: マーチ | 2009年5月24日 (日) 08:36

江戸版のブログとは面白そうですね。早速茗荷谷の猫と一緒にPC予約して来ましょう。公民館が1分の所にありとても便利に使い税金を少しでも取り戻そうとしています。

投稿: Ann | 2009年5月24日 (日) 10:43

Annさんへ
取り上げた本を読んでいただけるのはうれしいことですheart04
図書館の本にもお勧めリンクが付いていると、手に取ったことのないジャンルや作家などにも手が伸びるんですけどflair

投稿: マーチ | 2009年5月24日 (日) 15:43

もう長い間図書館に行っていません。最近はPCで予約ができるのですか?
図書館に通い始めると、本を返しに行った時、必ずまた借りたくなるのです。結局長い間通うことになり、借りたら熱中して読むので他のことができなくなります・・・coldsweats01
おもしろい本があると、その作家の別の本を探して読みたくなってしまいます・・・。
それでちょっと遠ざかっていますが、この本はホントにうなずきたくなる内容のようで、また借りたくなりました。

投稿: 花花 | 2009年5月26日 (火) 22:18

花花さんへ
単行本は買えば高いし、一度読んだらもう読まない本も多いし、積んでおくには場所を取りますからね、図書館は便利に使っています。

自宅PCで予約してmailto、徒歩圏の公民館で受け取ることが出来るんですよscissors

新刊が出ると、いつ図書館に入るかわからないので(なるべく早い順番で借りたいわけでcoldsweats01) 何度もチェックしてます。
それでも、数ヶ月待つことはザラですが、足を運んでチェックするよりはGood!ですね。

投稿: マーチ | 2009年5月27日 (水) 06:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91877/45103117

この記事へのトラックバック一覧です: 浮世女房洒落(しゃれ)日記/木内昇:

« 国宝 阿修羅展 | トップページ | くりはま花の国 '09/5 »