« 闇の傀儡師/藤沢周平 | トップページ | 浮世女房洒落(しゃれ)日記/木内昇 »

2009年5月20日 (水)

国宝 阿修羅展

上野の東京国立博物館へ「国宝 阿修羅展」を観に行ってきました。

チケットを持っている人は、さほど待たずに門の中に入ることが出来ます。(会場の建物に入るにはさらに並びます) 昨夜、上記のHPでオンラインチケットを購入し、出かけてきて正解でした。
国立博物館のチケット売り場は(開場時間前だったので)シャッターが閉まっていて、その前にも列が出来ていました。チケットを買うのに並んで、博物館に入るのに並ぶのはwobblyたいへんなことですsweat01

そうそう、長い柄の傘(日傘)は会場の中に持ってはいることが出来ません。外の傘立てに置いていくのですが、みなさん似たり寄ったりの日傘をお持ちで、置いていくことに不安があるようでした。

阿修羅像の前では、うまく前列に入れたのですが係の人が「止まらずに時計回りに回ってくださ~い」とやさしく叫べども、ほとんど動かず、満員電車の車内状態。抜けたら二度と入れなそうなので220度/360度(半分ちょっと)分ほど我慢して回りました! ガラス越しではなく、直に観ることが出来ます。見とれていたい気持ちはわかりますけどね、すごかったshock

グッズも販売していました。いろいろ欲しくなるんですけどね、悩んだあげく、クリアファイルだけ買いました。一枚350円。

会場を出ると長蛇の列。「テントの中では飲み物も用意してます。日傘も貸し出しています」とアナウンスが流れていました。80分待ちの表示が出ていましたからね、炎天下にこんなに待ったら、入る前に具合が悪くなる人も出そうですもの。

せっかくだから国立西洋美術館のルーブル美術館展も観て帰ろうか、と思いましたが、こちらも並んでいるのであっさりあきらめ、アメ横を通って、御徒町から帰りました。

写真左は上野公園を出たところからで、写真右は帰り際に撮影したもの。
0905201 0905202

写真左は購入したクリアファイル(裏表)と入れてくれた袋との合成写真です。
混んではいましたけど、いいものを見せてもらいました。
0905203 0905204

|

« 闇の傀儡師/藤沢周平 | トップページ | 浮世女房洒落(しゃれ)日記/木内昇 »

コメント

それはそれはすごい人だとウワサには聞いておりましたdespair
大人数の観客を見て阿修羅像は何を思うのか聞けたら聞いてみたい心境ですcoldsweats01
グッズを買うのにも長蛇の列でした?

奈良あたりの静かなお寺でゆっくり仏像を拝んでみたいですthink

投稿: 紫音 | 2009年5月20日 (水) 17:13

紫音さんへ
生まれてこの方1300年、よもや360度見つめられる日々が来ようとはthink、という心境かも?

グッズ売り場にも人がいっぱいいて、店員さんをつかまえるのが大変ならやめよう、と思っていたのですが待つことなく買えましたよ!

よい作品は確かに「いにしえの人々がお像に託した祈りが、見る側に伝わってくる」ものだと思います。静かな場所だったら余計でしょうね。

投稿: マーチ | 2009年5月20日 (水) 20:20

暑そうですね・・・。
でもガラスケース越しの観覧じゃないのがいいですね。美術館大好きなので近くなら飛んで行きたいところです。
関西ではインフルエンザの影響で、人込みにはマスクが付き物ですが、東京ではどうですか?
こちらでもマスクは売り切れてもうないそうです・・・think

投稿: 花花 | 2009年5月20日 (水) 20:21

花花さんへ
直に拝めるので、みなさんその場に釘付けになるのかも知れません。

マスクは、往復の電車の中でもしていない人の方が圧倒的でした。上野公園では修学旅行中らしい中学生を見かけましたが、楽しみにしていた東京への修学旅行が中止になってしまったのは、なんともかわいそうに思いました。

投稿: マーチ | 2009年5月20日 (水) 20:34

超人気の阿修羅展、さすがですね。
行列の様子がよくわかります。
美術鑑賞も体力が必要なんですね。
直接拝むことができた満足感は、いつまでも脳裏に残るものなんでしょうね。

投稿: f6391 | 2009年5月21日 (木) 09:34

f6391さんへ
理想としては、静かでひんやりした空気の中、ゆっくりじっくり拝顔したいものですが、現実はそうはいかず、体力は必要でしょうね。
実物を観た記憶は残りそうですgood

投稿: マーチ | 2009年5月21日 (木) 15:41

私は連休明けの8日(金)に実家から戻る途中で立ち寄りました。金曜日は時間延長があるので、午後4時半に入場し2時間たっぷり天平文化に触れて来ました。
チケット売場や入口で待つことはありませんでしたけれど、阿修羅像の周りはご案内の通り、右回りに3重に人が取り巻き、みな阿修羅と対話をしている様でなかなか動きがありませんでした。
今回は左右のお顔も真っ直ぐ正面に拝見出来た為、興福寺で前にお会いした時よりも、阿修羅様の苦悩の一端を垣間見た気がしました。
他の興福寺の宝物、八部衆や十大弟子像も興味深く、久しぶりに美術鑑賞の機会を得て豊かな気持ちで博物館を出たら、折からの雨上がりで新緑の空に大きな虹が架かっていて、一層幸せな気分で上野の森を後にしました。

投稿: Ann | 2009年5月22日 (金) 20:16

Annさんへ
阿修羅像は直に360度観られるのが魅力でしたheart04 他の像も真後ろは入れませんが脇から後ろ姿も観ることが出来て大満足でした。

Annさんのいらした夕方というのは穴ですね。虹のおまけ付きとはうらやましい。

6/7のタイムリミットが近づいて来ていることも影響しているのか、開館から14時頃までは混雑しているようです。私たちは30分ほど並んだかしら。写真は11時頃の状態です。

投稿: マーチ | 2009年5月22日 (金) 22:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91877/45073282

この記事へのトラックバック一覧です: 国宝 阿修羅展:

« 闇の傀儡師/藤沢周平 | トップページ | 浮世女房洒落(しゃれ)日記/木内昇 »