« 夜の小田原城 | トップページ | 萩園橋のアジサイ »

2009年6月17日 (水)

劔岳<点の記>/新田次郎

点の記とは三角点設定の記録である。

未踏の霊峰「劔岳(つるぎだけ)」山頂に三角点埋設の至上命令を受けた実在の測量官の物語です。発足したばかりの日本山岳会との登頂争いと地元の反感などもからみます。

6/20から全国ロードショーだそうです。女優は宮崎あおいさんだけと聞きましたが、確かに物語の方も紅一点でした。主人公・柴崎芳太郎の妻だけです。
映画を見なくてもこの役は香川照之さんだな、とすぐわかる「人夫頭」の宇治長治郎が物語のけん引役ですね。

作者がこの小説を書くことになったいきさつや取材登山の様子などが巻末に多くのページを割いて書かれています。
八甲田山死の彷徨も同じ作者でしたが、測量官ではなく、人夫頭、あるいは山岳会の方に重点があったら、もっと人間くさい作品になったのかも知れない、と思いました。

|

« 夜の小田原城 | トップページ | 萩園橋のアジサイ »

コメント

映画になるというのは聞いていましたが、細かい配役までは熟知しませんでした。
香川さん、いい役者さんですよね(DNAかしら?)
映画館に足を運ぶのなら、先に読んでおいた方がいいですね。
最近、DVDレンタルで済ませることが多いですが・・・coldsweats01

投稿: 紫音 | 2009年6月17日 (水) 10:25

紫音さんへ

壮大なお山の画面が感動を呼び起こしそうな映画ですから、大きい画面といい音響の方がgoodとは思うのですが、私もたいていレンタルDVDですcoldsweats01
いつの間にか、ゴロゴロしながら見てるわけで、映画館ではこれができませんものねbleah

投稿: マーチ | 2009年6月17日 (水) 15:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91877/45365609

この記事へのトラックバック一覧です: 劔岳<点の記>/新田次郎:

« 夜の小田原城 | トップページ | 萩園橋のアジサイ »