« ミニトマト収穫 | トップページ | 大船・フラワーセンター '09/7 »

2009年7月15日 (水)

みちのく忠臣蔵/梶よう子

表紙の桜は見頃に行ってみたい盛岡市の石割桜でしょう。

忠臣蔵とありますから、主君の無念を晴らす忠義の士(盛岡藩vs弘前藩)と言うのが土台ではありますが、主人公は忠義の士側ではなく、一千石の旗本嫡男神木光一郞です。そして、その相棒に道場の師範代を務める村越重吾。ドラマの「相棒」で言えば岸辺一徳さんにあたるのが松平冠山(かんざん)かな。

最後に放された鉄杖の音がこちら側にまで響きましたsign01 
それに、続編を期待したいほど、個々の登場人物に魅力がありましたheart04

光一郞と重吾は冠山のやっかいごとの手伝いをして小遣いを稼いでいる。そして、冠山の本家鳥取藩の藩士と出入りの番頭が蝦夷で行方不明になったことから、盛岡藩vs弘前藩に巻き込まれていく。
一方で光一郞らは心中未遂を助けたことで知り合った相馬大作に関わっていく。

「恥ずべきことは違えたことを知りながら、闇の中を進むことだ」
これは、どこかの党に聞かせたい旬の言葉かも知れませんねぇ。

|

« ミニトマト収穫 | トップページ | 大船・フラワーセンター '09/7 »

コメント

物語に入り込んで一気に読破した一冊でしょうかsign02なんだかそんな気がします。
「忠臣蔵」みたいなストーリーって私も結構好きです。

↓ハナアオイの一番上・・・もう咲いていますが、そろそろ梅雨明けかな。
今日も、35度の猛暑sweat01で、体もエアコンも壊れそうですdespair

投稿: 紫音 | 2009年7月15日 (水) 20:08

紫音さんへ
ハイ、(エアコンの効いた部屋で)一気読みでしたscissors

一番上の花、咲いてますか。梅雨明け、まだですかね。それにしても35度は厳しいですね。
こちらは西日本の皆さまを差し置いての梅雨明けでしたものね~。雷もなく、週間予報にグレイが並んでいた次の週が赤で染まった状態で、一挙に夏が来てしまいました。

投稿: マーチ | 2009年7月16日 (木) 07:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91877/45639526

この記事へのトラックバック一覧です: みちのく忠臣蔵/梶よう子:

« ミニトマト収穫 | トップページ | 大船・フラワーセンター '09/7 »