« 小出川 | トップページ | いつまで実をつけるの? »

2009年9月13日 (日)

「横浜ふるさと歌物語」音楽会

0909121「横浜ふるさと歌物語」というはまぎん産業文化振興財団が出した冊子が人気で開かれた音楽会です。
それに、450名/1500名で当選しまして、昨日、横浜銀行本店にある「はまぎんホールヴィアマーレ」に行って、明治から昭和の曲を楽しんできました。
開港50年の式典で披露されたという「横浜市歌」でスタート。横浜市から作詞した森鴎外には百円支払われたそうですよ。

ピアノ&女性声楽家のソロ、そして、三味線・アコーデオン・太鼓・民謡歌手2名の構成で、司会の高島秀武さん(もと日本放送で現在フリー)の軽妙なおしゃべりに笑いながら、また、スクリーンに昔の横浜駅、今の横浜駅などが交互に映し出されたので、ちょびっとだけタイムスリップも経験してきました。

最後に事前アンケートの「横浜と言えばこの一曲」のベスト5が発表されました。
1 ブルーライト・ヨコハマ
2 赤い靴
3 横浜市歌
4 港が見える丘
5 港町十三番地
ということで、ラストソングは、ブルーライト・ヨコハマでした。
(ゆずの曲がないのはおかしいでしょ、との意見が出ることをこの冊子の掲載曲を選んだ方は承知していたようです。投票した人もその意向に添っていたということでpaper)

会場で「へぇ~」という声が漏れたうんちくをもう一つ。
「関東大震災で生じたがれきを埋め立ててできたのは?」
0909122 0909123

0909124 0909125
答えは「山下公園」です。
写真ははまぎんホールとその近辺で撮影したもの。