« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の記事

2010年1月31日 (日)

はっさく

万民のお好みは、酸っぱいもの<甘いもの のようで、世の中から酸っぱいものが姿を消していってません?

そんな中、
新聞にりんごの「国光」の記事を見つけました。
食べたいdeliciousと思って、翌日にアクセスしてみたものの「お蔭様で完売いたしました。」の表示にがっかり~crying
しかし、
私の舌と同じ味覚好みの方が存在することはうれしい。

今日は「はっさく」を発見!買って来ました。これも5年後には手に入りにくくなっているかもしれませんが‥。

1001311 1001312

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月30日 (土)

浦賀の渡し

京浜急行、堀之内駅で乗り換え「浦賀」下車。浦賀はペリー率いる黒船来航、そして勝海舟が乗った咸臨丸(かんりんまる)出航の地で、ここも、ヨコースカ~noteです。

新聞の地方版に出ていたのでやって来たのですが、駅にいた観光ボランティアガイドの方には「NHKで見てこられたんですか?」と聞かれました。それは知らなかった。いつやっていたのかな?

まずは「西叶(かのう)神社」 新聞によると、頼朝が平家を倒し、源氏再興の願いが「叶った」おかげで出来た神社だそうです。どこの町にでもある神社、って印象でしたが、叶の文字が書かれた絵馬が目を引きます。京浜急行の思惑が叶い?今日では、縁結びで注目され参拝者が増えたそうですよ。(京急さん、商売上手!)

そして、「浦賀の渡し」に乗って浦賀湾の向こう側にある「東叶神社」に向かいました。航海時間はたった3分ながら、十分に「渡し」の雰囲気は味わえます。料金は船頭さんの前にある箱の中に。おつりがほしい場合はそこから自分で探して取るのも面白いwink

こちらの神社の階段を登っていったところは「浦賀城址」でした。「ウバメガシ」の北限だそうですが、「ウバメガシ」がどこにあるのかわからなかったのは残念でした。

そうそう、婚活中の方々、
西叶神社のまが玉を東叶神社のお守り袋に入れるのが目玉だそうですよsign01
叶神社HPへ

1001301 1001302 1001303
左:西叶神社

1001304 1001305

1001306 1001307
左:東叶神社。右:鴨居港あたりではあちこちで「わかめ」を干していました。それを眺めながら、観音崎灯台へshoe向かいました。

1001308 1001309
左:日本最初の近代灯台「観音崎(かんのんざき)灯台」。現在の灯台は大正時代に建てられた3代目だそうです。
今日はお天気がよいので東京湾の向こう側、千葉県、横浜、川崎方面までよく見えました。帰りは「腰越」というバス停から浦賀駅までバスに乗りました。

さて、われらが浦賀に行っている間、TRが平塚の体育館に行っていました。
高校剣道の選抜県予選です。竹刀がしなってますねぇ。
10013021 10013022

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

高砂緑地の梅

図書館のとなりにあります。
たくさん咲いている木は左の木くらいで、他の木はまだまだつぼみの方が多いですね。

花粉が飛び始めているのかしら? 花粉症ではないのですが、口の中に不快感。歩いていると上あごにざらつきを感じます。口で呼吸しているからだわ、と思って、帰り道は鼻で呼吸しようと心がけたのですが、冷たい風を吸うと鼻が冷えて痛いんです、長続きしませんでした。
1001241 1001242

1001243 1001244

1001245 1001246

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

木練柿/あさのあつこ&1Q84

「木練柿(こねりがき)」は「弥勒の月」、「夜叉桜」の続編です。
小間物問屋の遠野屋清之介、北定町廻り同心の木暮信次郎、岡っ引きの伊佐治 が出てくる連作短編集です。

「夜叉桜」もだいぶ前に読んだし、「弥勒の月」に至ってはいつ読んだか…。ああ、そういう話だったかと思い出すまでだいぶページをめくりました~coldsweats01 こういう連作はまとめて読みたい。次が出るのは一年後かなぁ…。

少年向き「バッテリー」の作者なのに難読漢字がいっぱいです。かなは振ってありますけど、白頭鳥(ひよどり)、蟋蟀(こおろぎ)、海石榴(つばき)・・・
こんな字まで漢字でなくても、と思うのですが…。←漢字は苦手です。

・楓葉(ふうよう)の客
・海石榴(つばき)の道
・宵に咲く花
・木練柿(こねりがき) が本の2/3を占めます。

さて、この本は一気に読んで、いよいよ「1Q84 BOOK 1/村上春樹」の順番が回ってきましたので、そちらへbook

青豆という女性、天吾という男性の物語が交互に書かれています。
どうしてこの二人?
なるほど、と思うまで340ページ! 分類すれば読み解く本、なのでしょうねぇ…。
「木練柿」で言えば、木暮信次郎さんが考えているようなことを私が考える、ってことかしら。

本が出た当時、確か、このヤナーチェックの「シンフォニエッタ」というクラッシック音楽が話題になっていましたね。本を返してしまったら頭から消えてしまいそうなので、メモしておきましょう。BOOK2は、まだしばらく待たないといけませんから。

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

氷室椿庭園&海岸

氷室椿庭園へ散歩。ほとんどがつぼみでしたが、何種類かは花を咲かせてくれていました。

真ん中の写真は松の葉っぱが引っかかっているのが面白いかな、って思って載せてみました。
1001131 1001132 1001133

1001134 1001135

今日は風が冷たいので防寒耳カバーをしてくればよかったと思いつつ、庭園から海は近いので寄ってみました。
今日は海の色がキレイです。
10011311 10011312

砂浜デッキの整備工事中でした。
10011313 10011314

10011321家に帰って、リュックの中のものを出していたら、正月に円覚寺でもらってきたしおりが出てきました。こういうものはそのバッグを使うまで出てこない、と言うことは、まま、ありマスbleah

栞(しおり)いろは歌だそうです。
はじめは写真の面だけを見て、「た・に・つ・ぬ・は・む」…この順番を変えて、何かの言葉を作るクイズかsign02と思い、頭を悩ませてしまいましたcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

一番の寒さかな

今日は昼前から冷たい雨が降り続き、今シーズン一番の寒さじゃないかしら。

スーパーに、福豆が並んでいたので迷いなく購入。おやつにボリボリと食べてしまいました! 「坂の上の雲」の秋山弟さんがポケットに忍ばせてよく食べていたのは(こんなに柔らかくはないだろうけれど)、これですよね。 私も大好きですheart04が、自分で炒るとこんなに柔らかくならないので、今のうちに買ってきては食べるつもりbleah 節分の翌日には買えなくなりますからね。

1001081うららさんが送ってきてくれた手作りの木目込み人形。
TRがネコか、と言っていましたが、そ、そんな、うららさんに失礼でしょannoy今年の干支に決まっているじゃないですかねぇ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

いさご波/安住洋子


人生の「波」に揺らぐ武家の生きようを描く短編集です。
連作ではないのですが、★印は鳥羽から水軍が持てない内陸へ転封された、摂津三田藩(せっつさんだはん)九鬼(くき)家がらみです。

「ねえ、このあと、どうなったと思う?」とその後を語り合える作品もありました。
僅かな風にささやかな波が立つ程度の暮らしが、なにより幸せかもしれないと思いながら読みました。今朝、山口の宇部で宝くじの1等が2本出て、「いったい誰が…騒ぎ」というニュースを耳にしましたが、当たった方はこのような「ささら波」とはいかないでしょうね。

・沙(いさご=小さい石、すな)の波(←この世)  幸右衛門に上意討ちの密命が下るが、相手には恩義がある…。
★暁(あかとき)の波  幸四郎は不慮の死を遂げた友の墓でその妻佐和と娘に会う…。
・ささら波  甚八は喜び勇んで江戸に出立するが、裏の事情があった…。
★夕彩(ゆうあや)の波  和志は警邏(ら)中に暴れ馬を懸命に取り押さえ、自ら大けがをしながらも、二人を助けるが…。
★澪(みお=水の緒=船の通った跡)の波  康平は樋渡(ひわたり)のもとで将来医者になれるように修行を積んでいきたいと思っている…。

-----------------

洗濯ハンガーが横に動かないように、風に飛ばされないように、と思って、こんなものを作ってみました。
竿にかぶせて使います。使わないときに外しやすいように、止めるのは洗濯ばさみにしたので、とっても単純な作りです。生地は使わなくなったカーテン生地を利用しました。
1001072 1001071

作り方を追記♪
Hanger

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

鎌倉・江ノ電・えのすい

1001031 1001032
円覚寺。例年、三が日に公開されている舎利殿は工事中で入れませんでした。

1001033 1001034 1001035
鶴岡八幡宮(9:00頃)、(写真中)八幡宮近くのとっても小さいお店。六畳くらいかしら? (写真右)やはり八幡宮近くでcamera

1001036 1001037
今日まで(9:00~17:00)鎌倉の中心部は車両が入ることができません。バスもタクシーも人力車もpaper 歩行者用道路には自転車も×。八幡さまには1台だけ救急車が待機していましたね。それゆえ、お正月だけこんな駅前の写真が撮れます。
小町通りを通ったときに飲食店の店員さんが呼び込みをしていました。いつも行くお店のマスターによると「昨日、人が出ている割にはお客さんが(お店に)入らなかったから、この分じゃ今日もじゃないかってsweat01からかも」とのこと。

1001038 1001039
江ノ電乗車、途中駅で左車両とすれ違いました。えのすいに行くつもりで江ノ島駅下車。
しかし歩く方向は真逆の龍口寺前で、30分ほどTRにおつきあい。TRの撮影です。夫婦でカメラを向けるのもなんだかねぇ、と思って私のカメラはリュックにしまい込んだまま。(写真右)はわれらが鎌倉から江ノ島まで乗ってきた車両。藤沢まで30分で行って帰ってきたというわけですね。
この交差点には信号がないんです。真ん中に立っている警備員は江ノ電が来るたび出ていって交通整理をしていました。

10010310  10010311
新江ノ島水族館とその前の海。サーフィンをオールで漕いでいるsign02 いろいろなマリンスポーツがあるんですね。
年間パスポートを持っている新江ノ島水族館の写真はサイドバーのアルバム「湘南」にUPしています。

10010312 10010313
本日のおみやげ。
まずは江ノ電の写真を撮るために寄った龍口寺近くの扇屋で「江ノ電最中」。車両によってゴマ、梅肉、ゆず、こしあん、つぶあん と味が違います。
そして、八幡さまで、「えと鈴」。先日読んだ「鎌倉江ノ電殺人事件」に出ていた落っこちない江ノ電「電動くるっぴー」。
ライトをつけてくるくる移動、落ちそうになってもくるっと回転して落ちません、だそうで、受験生のお守りとしてもGoodとか。十津川警部の影響で買ってしまいましたよcoldsweats01

追記
Enoden

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月 2日 (土)

富士に向かって走れ!

昨日は家の敷地から一歩も外に出ませんでしたが、今日は「初散歩shoe」海岸まで箱根駅伝の応援に行ってきました。駅伝コースに近づくにつれ、同じ方向を向いて歩く人と自転車の人が増え、歩く速度も必然的に落ちてきます。
向こう側は日陰なので、反対車線で応援。やっぱり、コース側じゃないと盛り上がりに欠けるわ。

1001021 1001022

1001023 1001024

1001025 1001026
(左)最後に自転車の大集団がsign01 あら、こんな所にカメラよね?
(右)この場所でこの新聞をもらえたのは私が最後でした。旗は…景気がいいのかしら?例年より小振りながら布製。途中にある読売新聞の販売所でテントを張り、駅伝グッズを売っていたけど寄っている人は少なかったけどねcoldsweats01

もう一つおまけに(もらった新聞の上に)載せた本は、毎年TRが買ってくる大河ドラマの本。昨年はドラマ版「坂の上の雲」を買って来ていたのでmoneybag不足*かsweat01、買って来てくれなかったので、帰り道の本屋さんで私が購入wink
*moneybag不足の理由を暴露するとsign01 間違いなく、昨年起こしたdash違反の罰金(本人自腹)ですわ。あ~、もったいない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »