« 大庭城址公園 '10/3 | トップページ | 大船・フラワーセンター '10/3 »

2010年3月11日 (木)

倒壊した大いちょう

昨日倒壊した鶴岡八幡宮の大いちょうですweep こちらもTRが行ってきました。
舞殿の左側(いちょうが倒れた側)には回れず、中央の大石段も全面通行止めです。両脇の階段を使えば本宮へ上れます。
さて、今後はどうなるのか…
「大切な神木なので輪切りにせずに今の形を残す方法を模索したい」のだそうです。

右写真は本宮から見下ろしたものです。
201003111 201003112 201003113

心なしか鳩も悲しんでいるように見えます。
201003114 201003115 

よく撮れていなかったので載せませんが、源氏池の木の枝にカワセミがいたそうです。中と右は大巧寺。
201003116 201003117 201003118

左2006/12/16、中2008/11/19、右2009/12/7撮影。
20061216 20081119 20091207

|

« 大庭城址公園 '10/3 | トップページ | 大船・フラワーセンター '10/3 »

コメント

昨日、こちらで記事を読んでから、9時のニュースを映像で見ました。
倒壊した姿と上空からの映像での大きさにビックリsign01
一日も早く元の姿になるといいですね。

投稿: 紫音 | 2010年3月11日 (木) 20:36

このニュースびっくりしました・・shock
御神木なんですってね。そんなに大きな風がふいたのですか?
千年以上も経っていたのでしょうね・・・。
こうして在りし日の姿を見るとたまらなく残念ですね。
マーチさんもよく訪れる場所だったのですか・・?

投稿: 花花 | 2010年3月11日 (木) 21:28

紫音さんへ
根本から元の姿への復活はムリなようですが、八幡宮側は「ベストを尽くしたい」、枝から「同じDNAをったものを成長させたい」のだそうです。どのように保存するのか来週、話し合われるようです。

投稿: マーチ | 2010年3月11日 (木) 22:43

花花さんへ
木が倒れるような風ではなかったようです。にもかかわらずですから寿命が尽きたということでしょう。八幡さまが作られた年代はいいくにつくろう鎌倉幕府ですからね。
鎌倉駅を降りて多くの人が歩く方向、鎌倉のメインストリートのさきに八幡さまがあります。大仏より行きやすい鎌倉のシンボルだと思います。

投稿: マーチ | 2010年3月11日 (木) 22:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大庭城址公園 '10/3 | トップページ | 大船・フラワーセンター '10/3 »