« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の記事

2010年4月30日 (金)

里山&大庭城址 '10/4

今日はTRが休みだったので、carで連れて行ってもらいました。
茅ヶ崎里山公園。昨日は9時前後でしたが、今日は14時頃からの撮影です。真ん中の写真はオリーブの花だと思います。右はシャガ。
201004301 201004302 201004303

大庭城址公園に移動。こちらは15時過ぎの撮影です。
2010043011 2010043012 2010043013

2010043014 2010043015
八重桜の撮影時に「こっちの木の方がさっきの木よりピンク色だね」と話していました。
さきほど、NHKの「アインシュタインの眼・サクラ~美しさの秘密~」を見たのですが、桜の花びらの色は咲き始めはピンクで散り際には色が抜けて白っぽくなる、のだとか。なおかつ、おしべの色はその逆で咲き始めは白く、だんだんピンク色に染まっていくのだそうです。花びらの色がおしべに移るのかしらね。不思議~!

| | コメント (4)

2010年4月29日 (木)

茅ヶ崎里山公園 '10/4

今日はママチャリで行ってきましたdash 行きはスイスイ(坂道はギブアップし、押して歩きましたけどねsweat01)、しかし、帰りはきつかった~wobbly 下りの坂道も漕がないと進まないくらいの強風だったんです。ももが痛い。
201004291 201004292 201004293

中と右写真は谷戸の家に向かう途中です。いつもと様子が違うので、「あれ、道がない!」なんて思ってしまいました。昨日の大雨の名残でしょう。
201004294 201004295  201004296

201004297たいていはこの携帯ラジオを聴きながら、散歩や散輪に出かけます。歩きながら、面白い話に笑ったり、「へえ、そうなんだ」なんてひとりごちているわけです。
それが、今日はとっても役に立ちましたsign01 
「西湘に大雨注意報」と流れたんです。そのとき頭上は青空。少し悩んだのですが、帰り着くまで時間を要するし、谷戸の家には向かわずに帰ることにしました。
家に戻って洗濯ものを入れ、しばらくすると大粒の雨が降り出しました。通り雨ですが洗濯ものも私も濡れずにすみました。いやあ、ラジオに感謝ですscissors

| | コメント (2)

2010年4月25日 (日)

屋根より高い♪

左:地面からのポールで泳いでいる鯉のぼりも珍しくなりましたが、中・右:こちらでは「屋根より高い鯉のぼりnote」が気持ちよさそうに泳いでいます。左写真も一昔前にありふれていた平屋だったら、屋根より高いんですけどね。
201004251 201004252 201004253

サザンビーチでは「湘南祭」が行われていました。屋台がいっぱい出ていて賑わっています。お天気でなによりでした。
201004254 201004255

左:海岸のサイクリングロードは横切るにはタイミングがいるくらい、開場に向かう自転車やら、ランニングする人、散歩している人でいっぱいです。
右:会場近くに、やけにカラスがいるなと思ったら、地引き網が行われていました。昨日、仲間内で地引き網で捕れた「生しらす」は(砂が取れきれず)ジャリジャリするのよねぇ、と話をしたばかりですが、浜辺で獲れたてをいただいている片隅に紛れ込み、仲間のふりをしたいdelicious ものですわ。
201004256 201004257

| | コメント (6)

2010年4月23日 (金)

斬恨(ざんこん)の剣 仇討ち異聞 /神室磐司

図書館の新着本のリストに出ていて予約している人が少なかった本ですが、なかなかおもしろかったのでご紹介したいと思います。著者のデビュー作です。

(仇を討たねばならない。父のために。自分は武士なのだ)

妾腹の次男坊「楯岡(たておか)研次郎」は病になった兄に代わって、仇討ち(あだうち)をすることに。父の仇(かたき)は恩師という設定で、そこに新説の?赤穂浪士の吉良邸討ち入りもからんできます。助太刀の従兄弟「林伝八」の存在もよかったですgood 

tvNHKではじまった土曜時代劇「まっつぐ」は私が唯一持っている佐伯泰英さんのシリーズなので、期待と不安が半々。ちょっと違うかなぁという配役もありますが、そのうちに慣れて違和感がなくなることでしょう。

・・・・・・・・・
左・中は水曜に撮影。このあでやかな色合いを見ていると初夏の感じさえしますが、寒暖の差が激しく今日は日中もひとけたの温度です。おかげで家にこもっての読書が進みます。
右はだいぶ前にがくから落ちていた桜を拾って押し花にしたものです。落ちていたものだからあまりきれいではないですけどね。
201004211  201004212 201004231

| | コメント (2)

2010年4月19日 (月)

ママちゃりでえのすいへ

日曜日に行ってきました。海沿いの道路上をかっ飛ばすかっこいいbicycleに乗るツーリング団体に追い越されながら、ママチャリですからね、134号線は歩道を走りましたdash

クラゲを見ていると宇宙を感じます。
YouTubeのえのすい公式チャンネルでは、ハイビジョン映像で、水族館の癒される動画が見られます。やっぱり、クラゲがお勧めです。
201004181 201004182 201004183

イルカのショー会場です。ベビーカーも個性が並びますね。
201004184 201004185

そして、今日は緑の桜を見に萩園橋まで散歩してきました。昨日も今日もやっと4月らしい陽気ですが、予報ではまたしばらくrainマークが続きます。ミニトマトやゴーヤの苗をそろそろ買いに行きたいのですが、植えたとたん寒い日が来たりして、枯れるともったいないので連休ごろまで我慢です。
右写真はタンポポです。
201004191 201004192 201004193

海岸 | | コメント (4)

2010年4月17日 (土)

大岡越前祭り

同じ県内の箱根じゃ雪が積もっていたり、4月中旬とは思えない寒さが続き、9時近くまで雨がザーザー降っていました。昼前には寒さは残りましたが、青空が広がりました。関係者は胸をなで下ろしていたことでしょう。

左:駅前コンサート。市内の高校と大学の吹奏楽部の演奏です。サザンメロディまで、ちょっとだけ聞きました。リハーサルを見ていたら、トランペット奏者全員のスタンドプレイがあったので、その場面を撮ってね、とTRに頼んだのですが、撮れず仕舞いwobbly (持って行ったカメラが)シャッターを押してからSDカードへの書き込むのに時間がかかるやつなんだ!とわめいていましたが。
右:文化会館と市役所駐車場で行われている「ちがさき産業フェア」、盛況ですね。
201004171 201004172

産業フェアで、しらすを買ってきたのでお昼ご飯は豪勢にこのパック1/2ずつでしらす丼です。おやつには草団子をゲット。きなこで食べるやつです。こういうお土産売り場のような雰囲気に立つと、何もかもほしくなるのですが、我が家のkissmark口は2つだけなので、これが選び抜いたsign022品ですわsweat01
201004173 201004174

茅ヶ崎駅前のデッキ(ペデストリアンデッキというらしい)には茅ヶ崎ゆかりの人々の手形のモニュメントがあります。右:今日はこの市川團十郎さんの手形の除幕式があったそうです。
201004175 201004176

ゆかりの宇宙飛行士たちです。
201004177 201004178

大岡越前祭りのメインイベント、ビッグパレードは明日の13:00からです。

| | コメント (2)

2010年4月14日 (水)

日帰りバスツアー

昨日「国宝・松本城の桜と上田城の千本桜/昼食弁当つき」というツアーにTRと参加してきました。朝6:15に家を出て8:45頃帰宅しました。この日は一週間ほど前から週間予報でrainマークが消えませんでしたが、左手にくっきり富士山を見ながら出発できましたsign01 実は、てるてる坊主を作っていたんですよ、効果バッチリでしたbleah

旅行会社に払った費用は、ひとり5980円、旅行保険500円、オプションの松本城天守閣入場券540円、バス内でのお土産予約600円でした。

左:諏訪インター近くの峠の釜飯「おぎのや」のドライブインに諏訪湖上と道路を走る観光バスが止まっていました。他にもたくさんの観光バスが止まっていましたが、目的地は「高遠(たかとう)」というのがほとんどで、しかも、後ろの席まで埋まっていましたね~sweat01 我らの目的地、松本城と上田城はマイナーだったのかも。参加者は30人弱でした、旅行会社の採算まで心配したりしてpaper
右:そのおぎのやに「高遠の桜」のパンフレットが置いてありましたが、重しがあの釜飯のふただったのでcamera。片隅に合成した写真はバスの中で予約でゲットした「社(やしろ)乃鈴」というお菓子。高遠バージョンなので、あんはクリームと桜あんの2種類でした。
201004131 201004132

201004133お昼は、駅弁屋丸政の特製古代米弁当。松本城で時計をにらみながら小走りに戻って、バスの中でいただきました。今回のお城は両方ともそれほど大きくないので皆さん無事に戻られましたが、姫路城などではバスを降りた場所がわからなくなってしまう方もいたようです。特に姫路城は広いし、敵を欺くため、迷路になっていますものね。

松本城、上田城はそれぞれ別の記事にしました。「おでかけ」カテゴリーをご覧ください。

| | コメント (2)

松本城 '10春

バスの中でオプションで天守閣の入場券を頼みました。20名以上の参加だったので団体割引料金です。TRは後ろの座席をぐるっと見回して、大丈夫か、みんなあの階段を登れるのかと小声で心配していましたが、ケガすることなく皆さん無事に戻られました。
その階段は一段の高さが40センチぐらいのところもあり、足もとを見て、意識して足を持ち上げながら、頭上にも注意しなくてはいけません。登りはともかく、下りは皆さん慎重なので列ができていました。外人さんの団体もその列に並んでいました。その中にcameraキャノンのストラップをかけている方がいました。気づかれないように嫌らしくcoldsweats01のぞいてみると機種は「5D」、外貨獲得、ですかね、アハbleah
2010041311 2010041312 2010041313

左:天守閣からは雪をかぶった北アルプスの山並みが見えます。右:左写真の赤い橋の真ん中当たりが少し広くなっているのですが、混み合う中、子供たちが記念写真の撮影の順番待ちをしていました。
2010041314 2010041315

中:額縁の中に収められた一枚。
2010041316 2010041317 2010041318

サイドバーのアルバム「夢の跡」にこのほかの写真をUPしています。

| | コメント (2)

上田城跡公園 '10春

上田城千本桜まつり開催中です。着いたとたんにボランティアガイドの方が、15分ほど案内してくれました。
左:東虎口櫓(やぐら)門にはボランティアの「シャッターマン」という方がいましたね。ボランティアの方々は年齢層が高いですけど、生き生きしていて活気がありますhappy01
右:真田神社
2010041321 2010041322

2010041323 2010041324 2010041325

右:信州みそを使用した「ふるまい鍋」(無料)をいただきました。
2010041326 2010041327 2010041328

真田十勇士ののぼりが立っていました。
いちおう書き出しておきましょう。苦手な四字熟語、かなだけは振っておきましたが意味はイマイチ?です。
一意専心 いちいせんしん   真田幸村
鎧袖一触 がいしゅういっしょく 海野六郎
快刀乱麻 かいとうらんま    禰津(ねづ)甚八
深謀遠慮 しんぼうえんりょ   望月六郎
百戦錬磨 ひゃくせんれんま  筧(かけい)重三
豪放磊落 ごうほうらいらく   由利鎌之助
神出鬼没 しんしゅつきぼつ  霧隠才蔵
変幻自在 へんげんじざい    猿飛佐助
一騎当千 いっきとうせん    穴山小助
怪力無双 かいりきむそう   三好青海入道
不惜身命 ふしゃくしんみょう 三好伊三入道

上田城は幸村のおとうちゃん、昌幸サンが作って、二代目当主もおにいちゃんの信(幸)之サンなんですけどォ、幸村のお城、ってイメージが前面に出てますね、17日に「天地人」の幸村役・城田優さんが来るようですよ。

flairお江(ごう)という女忍者が登場していましたっけ、池波正太郎の「真田太平記」再読したくなります。

サイドバーのアルバム「夢の跡」にこのほかの写真をUPしています。

| | コメント (2)

2010年4月12日 (月)

麗しき花実/乙川優三郎

昨年、朝日新聞に連載されていたものです。連載時、池波正太郎さんの文庫表紙などを書かれていた中 一弥(なか かずや)さんの挿絵が載っていたのですが、本には載ってませんでしたね、それはちょっと残念でした。

本の中の登場人物、原羊遊斎(ようゆうさい)、酒井抱一(ほういつ)、鈴木其一(きいつ)らは実在の人物なんですね。その実在の人物の間に虚構の女性主人公「理野(りの)」の眼から見た蒔絵職人の世界や出会った人々、やるせない恋心などが描かれています。

たとえば、根岸の寮の女主人について、最初は女と書かれ、彼女→女主人、そして胡蝶(こちょう)という名が出てきても、女主人=胡蝶 と文章の流れから察しなくてはいけないところがありました。ちょっとわかりにくいんです。細切れの新聞連載時に読む気がしなかったのはこのせいだったのかもしれません。

理野は「兄が死にました。かわりにわたくしが修行いたします」と羊遊斎のもとで蒔絵職人として働き出します。
そして、やるせない恋心…
本の最初の方で、理野が男性関係の問題を起こしていたことが読み取れるのですが、それが何で、相手が誰なのかなかなか出てきません。それも気になって、登場人物がだいたい出そろった頃から読むスピードが上がります。
「いつも自然に近い感情を抱いてきたのは、この人であったと気づいた」
理野にからむ男性は別れた男によく似ている「祐吉」と、「其一(きいつ)」、そこに「金次郎」も加えておきましょう。
さて、理野の恋と職人としての行方は…。

「花逍遥の人波」という言葉が出ていました。坪内逍遙の逍遥だなとは思ったのですが、そこここをぶらぶらと歩くこと、ですって。知らなかったので辞書を引いちゃいました。

--------------------------
追記:2010/9/28
亦々一楽帖(またまたいちらくじょう)/中 一弥:画 乙川優三郎:文・監修 2010/8/16発売

中 一弥さんの戦前戦後、麗しき花実が載っています。
あら、作家の逢坂剛(おうさかごう)さんは中さんの三男だったのね。

また、乙川さんの書き下ろし短編は
渓声(けいせい) 「麗しき花実」の8年後から始まる続編 
底紅(そこべに) 逍遙の季節収録「秋野」の続編
利休の文 闇の華たち収録「冬の華」の続編

紙が白いので、絵を見るときは良いのですが、読むにはちょっと眼が疲れました。

201009271 201009272

| | コメント (2)

2010年4月11日 (日)

花菜ガーデンほか '10/4

まとめてアップです。花菜ガーデン以外は徒歩で行ってますscissors
まずは今朝の海岸。富士山が微妙に見えています。右はご主人さまをお待ちのわんこ。ご主人さまはサーフィン中かしら。
201004111  201004112

4/9には再び花菜ガーデンに。
途中の川岸(何川かな?)が見事な桜並木でしたが、帰りに寄ることにして通過。行きは湘南銀河大橋を渡ったのですが、あらら、帰りはいつの間にやら馬入橋を渡るルートになっちゃってますsweat01 ということで、その道は通らなかったため、来年以降のお楽しみになっちゃいました。

TRは年間パスポートを手に入園しましたが、持っていない私は近くの桜の写真を撮りに行ったり、花菜ガーデン向かいの農産物直売所「あさつゆ広場」に行ったりしました。花菜ガーデンは、10日ほど前にはなかった花がたくさん咲いていたそうです。
(10ほど前に行ったときの地図入りの記事はこちら)
201004091 201004092

201004093 201004094

201004095 201004096

最後は4/8の旧和田家(民俗資料館)と浄見寺。
左は向かう途中の県道沿いの畑です。タンポポが群生していました。右は浄見寺のシャガ。
201004081 201004082

201004083 201004084

天候不順による野菜の高騰で図書館に向かう途中にある農家の無人販売所(正確には近くにおじさんがいますけど)に人だかりができていました。帰りでいいやと思っていたら、完売で店じまい、買い損ねてしまいました。
商品にやや難があるものの、ほうれん草などスーパーの1.5倍ほどの量があり、100円なんです。
ここのおじさんがカボチャを植えたら、冷え込みの強かった日に全滅してしまった、と話していました。桜が長く楽しめたのはよかったですけど、春らしい日が続いてほしいものです。

| | コメント (4)

2010年4月 6日 (火)

さくら広場

東海道線の線路際、辻堂駅西口近くのパナソニックの工場内にありますが、入れるんです。パナソニックということで!ルミックスで撮影shine。普段の散歩に一眼レフは持ち歩きませんのでpaper 今日は図書館で一休みbookしつつ、往復で90分ほど歩きましたscissors

開園時間は3~10月 9:00~17:00、11~2月 9:00~16:30
休園日 日、祝、年末年始
扉が閉まっていてもインターホンを押せば開けてくれるようです。
飲酒、飲食、禁煙で、ペット、自転車の乗り入れは×。
植え込みの中にも入れません。

久々の青空です。しかも散歩には汗ばむ陽気sweat01 要・タオルと水分です。
ここの桜の木々はまだ細いですね。芝桜の方はこれからの季節が見頃でしょう。
写真右の電車はスーパービュー踊り子。
201004061 201004062

201004063 201004064 201004065

201004066上正寺の桜はもう舞い散っていました。今日は入学式が行われたようです。お天気でなによりでした。

| | コメント (2)

2010年4月 4日 (日)

花束

昨日の息子の結婚式でもらった花束のその後です。この赤黒色のカーネーションは他の色の方がうれしかったかなthink
2010040311 2010040312 

2010040313こちらは、披露宴会場テーブルにあった花。紙袋から出すときにぽろっと一輪落ちてしまったのを適当に挿し直しています。この生い茂った?中に挿すのって簡単じゃないんですねsweat01

さて、私は留め袖を借りて着付けをしていただいたのですが、終了後はご自分で…、たたまなくて結構ですから風呂敷に包んで返してください、と言う説明を受けました。
それで、終了後は混み合う更衣室へ・・・。ちょっと待ってpaper これって、ひとりでできるのsign02

まあ、ほどいてもほどいてもひもが出てくること!ったら。
グジャグジャに風呂敷に包んで返却しましたけどsweat01

そして、家に帰って入浴後に異変が・・・。
帯を締めていたラインが面で赤くかぶれちゃってます。

あ、肌着(自前)は袋から出して一度洗濯しておくんだった、と反省。ちょっとのりが付いている感じがしたので、それがかぶれのもとだったと思うんですけど、想定外の出来事でした。

披露宴会場は再会の場でもありますね。息子の中高時代の部活仲間も立派に成長してましたっけ。

この日我らは夫婦共々貸衣装だったし、式が横浜だったので三脚まで車に積んで普段着でお出かけ。
そのわけは、昨晩UPした桜。
実家はその川岸にあるので、行きと帰りに寄って撮影しました。
なれない和服を長時間着たのと、往復に余計なことをしたのとで、やっぱり疲れましたね。今日はゆっくりしますわ。

| | コメント (6)

2010年4月 3日 (土)

大岡川の桜・朝と夜

昼間は多少日差しがあったもののすっきりとは晴れず、夜は夜で急に雨が降り出してしまい大慌てで戻りました。今年は快晴に満開はムリかもしれませんが、明日は晴れマークも出ているし、日曜日ですから今日よりさらに混み合うことでしょう。
201004031 201004032

201004033 201004034

201004035 201004036

201004037 201004038 

| | コメント (2)

2010年4月 1日 (木)

新年度スタート

雨の日以外は毎日最低40分は歩こうという目標を立てました。挫折しないように目標は低めに設定coldsweats01 (実は今日から完ぺきな?専業主婦なんですdash)
ちなみに今日は午前午後に分けて合計1時間半ほどscissors

左:少し高台にある殿山(とのやま)公園で。右:下赤羽神明大神社。殿山公園からの帰り道、こんもりピンクに染まった場所を見つけたので寄ってみました。
両方の写真に写っている横ラインは2010年6月から2010年度末まで無料化実験が行われる予定の「新湘南バイパス」です。そして、殿山公園写真の真ん中奥に見えるのは被写体として欠かせないheart江ノ島。
201004011 201004012

神明神社。
201004013 201004014

左・中:神明神社。右:神社の近くの用水路?脇。
201004015 201004016 201004017

さて、例によって予約していた本がドカンと来てしまいました。この時期のtvはおもしろくないのでちょうどいいかもheart04

| | コメント (2)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »