« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の記事

2010年8月30日 (月)

骨密度測定

これ、一度受けてみたかったんです。
測定のあと、骨の健康に関する講話と試食付きで、今回は 募集人数>応募人数 で全員参加できたもようでした。骨粗鬆症の模型を触らせてもらったんですけど、ホント、フニャフニャです。あれじゃ、すぐに折れますね。

結果はgood でも、この結果に安心してはいけないようです。
「骨」には、カルシウム+ビタミンD+マグネシウム、運動、日光浴だそうですよ。早速、ひじきと切り干し大根とキノコの煮物を作りましたscissors

------------
その日の犯罪発生状況も知らせてくれる市のメール配信サービスに登録をしているのですが、最近、「忍び込み」や「空巣」の発生が目につきます。

侵入盗は、一転、「強盗」等凶悪犯に変貌するおそれがあります。
このような被害にあわないよう暑くても必ず窓を閉め鍵をかけて寝るようお願いします。

だそうです。
2、3日前から虫の声が聞こえるようになってきましたが、まだまだ夜になっても暑いですよね、網戸で寝たいですけどね~sleepy 物騒でいけませんpaper

| | コメント (4)

2010年8月27日 (金)

Cafeコンサート

誘われて行ってきました。
場所は茅ヶ崎市中海岸の「Cafe Hutch(ハッチ)」。毎月第4金曜日の14:00~16:00に行われているようです。
主にクラリネットとピアノ(持ち替えでアルトサックス)のジャズ演奏。そこに、ゲストのフルート、アコーディオン、ボーカルが加わりました。我らは650円のケーキセットをいただきながら、正真正銘、目の前での演奏eardelicious 幸せなひとときでしたnote
201008271 201008272

お年を召した?方も出演されていました。音楽の輪(和)って、いいですね~notes
201008273 201008274

| | コメント (6)

2010年8月21日 (土)

ひまわり広場

行きは相模線「入谷駅」で下車。ここは無人駅です。江ノ電の「鎌倉高校前」同様、簡易Suica改札機でピっとして乗り降りします。チャージは不可。そのうえ、切符の券売機もないのでSuicaを持っていない人は、乗車駅証明書を取って下車駅で精算ですね。
この駅から座間地区ひまわり広場までは徒歩20分くらい。帰りはやはり20分くらい歩いて、もう一つ先の「相武台下駅」から帰りました。
日差しを遮るものは何~んにもないし、昼日中だと、とってもsunきびしい道のりだと思いますよ。早朝に出かけましたが、最後、だらけましたもの。
MAPなど詳しくはこちら

会場には上から眺められるように足場が設置されていました。
201008211 201008212

今日、明日と「ひまわりまつり」イベントがあるようで、支度中でした。この会場と(右)の「めいろ」のひまわりの見頃は過ぎていましたけどね。
201008213 201008214

西中学より南側のひまわりは見頃でした。
201008215 201008216

最後の写真は、注意してsearch見ないと見逃しちゃいますね、(マクロレンズを持って行かなかったので)ちょっとわかりにくいですけど、白い花が咲いています。これ、稲の花だと思います。
クリックすると大きくなります。
201008217 201008218 201008219

| | コメント (4)

2010年8月17日 (火)

珍客

昨日撮影した写真を暑中見舞いをいただいた方への返信に使いました。なかなか涼しげに仕上がりましたので、住所などの文字は削除して皆さまにも残暑お見舞いnote この先一週間の暑さ指数の予測値には、運動は原則中止(赤)、厳重警戒(ピンク)、警戒(黄)と暖色が並んでいますwobbly ここに先ほど防災無線で、光化学スモック注意報の発令というありがたくないおまけもつきました。
ぎょぎょsign01 一番近場の辻堂のアメダスをチェックしたら13時現在36.1度ですってsweat02
皆さま、芯から、残暑お見舞い申し上げます。

どこから現れたのでしょう、なんでここに?
今朝、我が家のゴーヤのネット近くでsearch発見しました。沢ガニですよね?写真は同じ個体です。
201008171 201008172 201008173

201008174 Zansyo Szansyo
我が家のゴーヤが友人宅へ行って「つくだ煮」になって戻ってきたので、早速お昼ご飯にいただきました。苦みはありますが、ご飯のおともにgood・・・・・・言葉とは裏腹に、暑くてお茶碗の1/3でパスしましたsweat01

レシピ:ゴーヤ大1本をスライスしてさっと湯がく
味付けは、砂糖大さじ3、しょう油大さじ1.5、みりん大さじ1、大さじ1 、大さじ1
コトコト煮て、削り節とゴマを振る
★私は、ゴーヤは湯がかず、スライスして塩を振り、しばらく置いてから絞り、
このレシピのお酢を除いて、ショウガのすり下ろしを加えてみました。

クラゲの写真はクリックしてからダウンロードして使ってください。画像の上に「+」マークが出ていたら、再クリックしてからダウンロードしてくださいね! 
(中)大きさはハガキ大の378×559です。
(右)大きさは待ち受けサイズの240×320です。

| | コメント (4)

2010年8月16日 (月)

朝定食

えのすいからうちわが送られてきました。大きさは普通サイズ。裏返すと宣伝ですね、夏の催しがいろいろと載っています。その中の夏季限定・月曜限定・各30食限定の「朝定食」に魅力deliciousを感じ、(朝ご飯抜きで)向かいました。
電車は混んでいなかったから、まだ夏休み中の方が多いのかもしれませんね。

「地玉子に江の島のシラス、岩海苔」or「新鮮なアジの刺身と香味野菜」のTKG(たまごかけごはん)+のりのお味噌汁。
食べたあと、館内に再入場し、デザートもheart04
食べながら、携帯ラジオで東海大相模の試合を確認。おっ、校歌が流れていますscissors
201008161 201008162 201008163

201008164 201008165

水族館ですが、江の島まわりの海辺にいる虫が展示されていました。
最近スズメがいなくなったとtvで見たような記憶がありますが、我が家の周りにも、えのすいにも、スズメは健在です。
201008166 201008167

行きは小田急で行ったのですが、帰りは朝定食の味噌汁に入っていた「のり」の乾物でも買おうかと、江ノ電の「江ノ島駅」に向かいました。やっぱり、江ノ島に渡らないと干物屋さんはないみたいです。
江ノ島はすぐそこ。しかし、熱風が吹く中、とても行く気にはなりませんでしたsweat01 また次の機会にいたしましょう。

それにしても、暑~いwobbly こんなふうに泳げたら、さぞかし気持ちいいことでしょう。
さてさて
藤沢のデパ地下でちょっと涼み、
地元駅に着いてからもスーパーで涼み
bicycle帰宅いたしました。
201008168 201008169

| | コメント (4)

2010年8月15日 (日)

「あんじゅう」&「ゆんでめて」

201008021両方とも、いったい何のことsign02 ってタイトルですが、本の表題で
三島屋変調百物語事続「あんじゅう/宮部みゆき」、と
しゃばけシリーズの「ゆんでめて/畠中恵」です。

「あんじゅう」
宮部みゆきさんの現代物には、いささか、頭がついて行けなくなりましたが、時代物にはまだ?親しみが持ててます。今回は「南伸坊」さんの挿絵がページをめくるたびに出ていることも魅力です。

 ・序 変わり百物語
・逃げ水(染松=平太 が近づくと家中のありとあらゆる場所から水が逃げる…ほっこり可愛く)
・藪から千本(結末が屁理屈っぽい感じがしてややwobblyでした…ちょっと奇妙で)
・暗獣(これが表題ですね! 暗獣=くろすけ の正体は?…きゅんと切なく)
・吼える仏(この本の中で一番お化け?らしいお話でした…ぞおっと怖い)
 ・変調百物語事続
と4つのお話です。逃げ水と暗獣がおもしろかったかな。
「藪から~」で魔を退けるというお勝、「暗獣」で、深考塾・若先生の青野利一郎、いたずら坊主3人組(金太・捨松・良介よしすけ)、偽(にせ)坊主の行然坊ぎょうねんぼう とこの先もおちかとかかわってきそうな味のある人物が登場しました。次回もお楽しみheart04 ということですねwink

「あんじゅう」特設サイトはこちら

「ゆんでめて」
弓手(ゆんで) 弓を持つ方の手(左の手)
馬手(めて) 馬の手綱を取る方の手(右の手)
あんじゅうは暗獣ということで、読まずとも雰囲気はわかりますけど、これは漢字で書かれていても意味不明だったでしょうな。

左の道へ進むつもりだった「長崎屋の若だんな一太郎」が、右へと駆けていったのは?
火事で行方不明になった「屏風のぞき」はどこに?
がベースに下記のお話が収められていますが・・・。
・ゆんでめて
・こいやこい(若だんな、かなめと知り合うheart04)
・花の下にて合戦したる
・雨の日の客(若だんな、佐助よりも強い?おねと出会う)
・始まりの日

それぞれのお話の「時(とき)」が進んだり戻ったりして、読み手にはわかりにくくなっています。
結末にはちょっとガッカリだったかな。(屏風のぞきはsearchどこでみつかったんだろ? ぼぉっと読んでいて気づかなかった? ん?すべて○かったことなの??)

「あんじゅう」もHPでくろすけグッズが販売されていましたが、「しゃばけ倶楽部~バーチャル長崎屋」でもオンラインショップが開店したようです。 
 

| | コメント (2)

2010年8月 9日 (月)

帰国報告会

野口さんの歓迎パレードを見たあと、帰国報告会に行ってきました。
201008091 201008092

必殺仕分けが頭をよぎりましたが、ハガキセットなどのうれしい「おみやげ」もheart04 (このほかにピンバッジもありました)
201008093 201008094

5年前と比べて、アイルランド(だったかな?)氷が少なくなったとか、アマゾンの開拓が進んでいるとか、宇宙から一目瞭然なんだそうですよthink

201008095昨晩は久しぶりに雨らしい雨が降りましたし、今日はエアコンなしで過ごせましたsign01 アサガオやゴーヤたちも一息ついているんだと思いますよ、過酷な暑さで、参っているのは人間といっしょだったでしょうから。

| | コメント (6)

2010年8月 8日 (日)

クリーンアップ

朝焼けが鮮やかだったので、カンカン照りにはならないだろうと、昨夜、花火大会が行われた海岸のクリーンアップに行ってきました。
201008081 201008082

左:テントでここに泊まった人々もいるんですね、ここにはトイレも水道もありますからね。
右:私が20分ほどで集めたゴミ。砂に足を取られながら、集積ポイントまで運ぶのが重かった~。
201008083 201008084

------------
ミシンの下糸と上糸の糸調子がどうやってもアンバランスになり、やはり故障。買い換えました。今のミシンは長持ちしない作りになっているようです。どちらかというと重いミシンの方が長持ちするようですよ。

今までのミシンは薄い生地や硬い生地は縫えなかったので、今度はコンピューターミシンにしました。油差し無用で、伸縮縫いもできるのがうれしいheart04 針穴への糸通しもワンアクション。TRの前で実践したら、驚いていました。
 
金曜日に届いて、昨日は試し縫いをしていました。作ったのは「バッグインバッグ(右側)」。
そして、底がすり切れたエコバッグの使えそうな部分を、同じような作りでミニバッグにリフォーム(左側)してみました。この裏側がビニールコーティングされた生地では、別売りで買った「テフロン押さえ(押さえ金)」が役立ちました。
201008085 201008086

| | コメント (2)

2010年8月 5日 (木)

千畳敷カール

地元発の日帰りバスツアーで行ってきました。
左:朝は富士山に見送られ、
中:駒ヶ根から帰路につくときの車窓。傾きかけたお天道様と雲の影響でしょうか、山並みが黄緑色に輝いていました。
右:帰りの高速からの車窓。富士山です。
平日ですが、夏休み中でもあり、中央道は「談合坂(だんごうざか)」から12キロ渋滞の情報で、「大月(おおつき)」から無料化社会実験区間の道を通り、御殿場インターで東名高速に乗るコースに進路変更。渋滞もなく帰れました。
途中の河口湖あたりで、富士山がすそ野まで姿を現して見送ってくれ、富士急ハイランドではイルミネーションがキレイに輝いていました。
201008041 201008042 201008043
行きの中央道で、同じ会社の観光バスが連なって走っていました。26という数字があったので、26台は走っていたと思います。乗客は小学生。どうやら、夏期のお勉強合宿に向かう模様です。すごいですなあcoldsweats01

しらび平に着くと、一番混んでいる時間帯に着いたらしく、ご覧の行列。61人乗り2輌が、時刻表に関係なく、せっせせっせと往復していますが、1時間近く待ったかしらん。合成した寒暖計は2611.5メートル地点「千畳敷駅」の温度です。霧に包まれると、温度はもう少し下がります。
201008044 201008045

左は我ら散策組と違う登山の人々です。私も、30年ほど前の雪が残る6月に宝剣岳から木曽駒ヶ岳と登ったことがあります。360度スットーンと足もとが存在しない大きな岩の上が宝剣岳の頂上で、超~怖かった記憶があります。
201008046 201008047

201008048 201008049 

お花は1枚にまとめました。2度クリックすると大きくなります。下段左はクロユリ、真ん中の紫の花はトリカブトです。
2010080410

お天気でなによりでした。この場所、雨だと悲惨ですからね。
あ、私、かなり確率のいい「晴れ女」ですscissors
しかし、地元でバスを降りたとき、ウチに入ったとき、ムぅッとしたことったらwobbly

| | コメント (2)

2010年8月 2日 (月)

布団の打ち直し

201007311我が家では、敷き布団(木綿わた100パーセント)は25年以上前のものを打ち直してもらっては使っています。

ふとん屋さんは昔ながらの「棒はかり(と思うのですが)」を持参。
それで、布団の重さを量り、足しわたの量と布団の皮の生地を決め、(私が欲しいと言ったので)今まで使っていた布団の皮をはがしてから、わただけ持って帰りました。はがした布団皮は、洗濯してから、私がミシンをかけて大きい風呂敷にしました(写真で打ち直しした布団の下に広げてあるものがそれです)。

手作りなので、布団の縦横サイズや厚みはお好み仕立て可能です。ずいぶん前ですが、使わなくなった掛け布団を、敷き布団に作り直してもらったこともあります。

普通の厚みで作ってもらうと寝心地はいいはずですが、(ふんわりしすぎて)我が家の押し入れには収まらなくなるので、中程度の厚みでお願いしました。
お値段は足すわたの量や生地の善し悪しにもよりますが、1万円強ほど。ホームセンターで売っている新しい布団を買っては捨てた方が安いのかもしれませんね。

実は近くのふとん屋さんが店じまいしてしまい、市内の他のふとん屋さんに依頼していました。
そのふとん屋さんの話によると、ふとん屋さんは60歳でも若手なのだとか・・・。
つまり、ふとん職人さんの技術が継承されない‥危機的状態にあるのだそうです。
若者が好む仕事でないのか、手作り品を買う人が少ないのか、採算が合わないのか…。詳しくは聞けませんでしたけどね、はてthink

| | コメント (4)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »