« 小田原を歩こう | トップページ | ざる菊 »

2010年11月10日 (水)

マリアビートル/伊坂幸太郎

同じ作者の他の本を返しに行ったとき、図書室(公民館なので)の受付の方が、新しい本が入りましたよ、と教えてくれたので予約していた本です。

人気の本です。

マリア様は七つの悲しみを背負って飛んでいく。だから、てんとう虫は、レディビートルと呼ばれる。
表題はここからついていますね。てんとう虫・七尾と仕事を依頼する「真莉亜」もからんでいるかも。

「グラスホッパー」のときの人物も再登場していますが、読んでいなくても問題ありません。

今回、順番に語っているのは
・「君はちゃんと仕事する。だけど、ついてない。何があるかわからないよ」
という天道虫(てんとうむし)こと七尾。
もちろん、殺し屋。
・邪悪な中学生、王子慧(さとし) 王子と呼ばれている
こいつが、頭の良さを武器に同級生や大人を動かし、自分は罪を逃れるという、すご~い「やなやつ」 
大人相手に演技をするんだよね、まったくgawk

・木村‥アル中の木村雄一&茂(雄一の父) こちらもまっとうな人間ではないけれど、善?
・果物‥蜜柑(みかん)&檸檬(れもん) 本好きと機関車トーマス好きの殺し屋
・槿(あさがお) 前作にも登場した「押し屋」と呼ばれる殺し屋

どうしたら、こんなタイミングで新幹線車内に蛇が登場することになるのか、理解を超えている・・お話ばかりで、実際、この一冊の中で何人もの人が死んでいくのですが、読後感は悪くならない‥。
それは、ハードボイルドではないのと、王子以外の人物には愛着が持てるからかもしれないな。

----------------------
201011091昨日TRが行ってきました。すごい風だったので、スカイツリーの作業は止まっていたみたい。

|

« 小田原を歩こう | トップページ | ざる菊 »

コメント

マーチさん、あまり詳しく話をしてはいけませんねぇupconfident by 右京(相棒)(笑)

今日、病院では、おば様たちが月9の『流れ星』の話で盛り上がっていましたよ。
『あんなにイケメンの先生がいるなら、いつでも病院を変えるわ』なんて・・・(´,_ゝ`)プッ

投稿: ぶう | 2010年11月11日 (木) 16:38

ぶうさんへ
右京さん、bookの内容ですか? この本、謎解きが主題ではなかったのでお許しをpaper
『流れ星』、結局見ていないので、どんなお話なのか???ですが、おば様たちの会話から内容がわかりそうですねbleah


投稿: マーチ | 2010年11月11日 (木) 20:47

伊坂さんの本は「死神の精度」を読んだことがありますbook
映画を見る前の勉強にhappy01
主役の俳優さんが、大好きheart04で・・・ってそれだけです、ハイcoldsweats01

投稿: 紫音 | 2010年11月22日 (月) 22:27

紫音さんへ
伊坂さん、人気ありますsign01 この本も今現在3ケタの人が順番待ちしています。

投稿: マーチ | 2010年11月23日 (火) 15:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小田原を歩こう | トップページ | ざる菊 »