« 鎌倉&江ノ島 | トップページ | ビーチサイドウォーク »

2011年1月 9日 (日)

数えからくり/田牧大和

数えからくり 女錠前師 緋名(ひな)
「緋色からくり」の続編です。

この本は今後続編が出るにしても最初の「緋色からくり」は読んでおいた方がいいでしょう。

主な登場人物は
緋名
錠前師:目許(めもと)涼やかで色白のきりりとした美人
甚八
緋名の幼馴染みで亡き従姉お志麻の許婚、髪結い床「甚床」の主:肌理(きめ)の細かい白い肌にお姫様のようなたおやかで優しい顔立ちで、高下駄を履いてようやく緋名と並ぶ上背。
榎 康三郎
北町奉行隠密廻同心:しっかりと通った鼻梁、太い眉と男らしさが際立つ造作。ちらっと過(よ)ぎっては消える瞳の昏(くら)い色。手足が長く、相手の警戒心をあっさりといてしまう才の持ち主。

与治郎 黒鉄(くろがね)屋の跡継ぎだった男で緋名の弟子
祥太 辰巳芸者
孝助 甚八と暮らす「お志麻」の息子
大福 緋名と暮らす三毛猫

「緋色からくり」は従姉のお志麻がなぜ殺されたのか、犯人は?といった内容の猫の大福も活躍する?捕り物。
「数えからくり」は大門(おおと)屋の美人姉妹のひとりが殺され…、神隠しに、緋名が錠前作りを依頼された座敷牢に入れられた正気ではない?娘と、ちょっと入り組んだミステリー。

さて、こういった本はこれは誰に?と役者さんをイメージしながら読むのが楽しいですね。緋名、甚八、榎康三郎、とりあえずこの3人ね、誰がいいかなあnote

緋色は本の表紙の色のようです。他にもいろいろな色が出てきます。鴇(とき)色鳶(とび)色瑠璃紺(るりこん)、淡萌黄色(うすもえぎいろ)…。なかなか色の名前で色が想像できるものではありませんなcoldsweats01

----------------------------

201101091暮れの報道写真展で見て「ほしい」と思った「はやぶさ」の写真、会場で見たものよりは、はるかに小ぶりですが手に入れました。
当世、新聞に載った写真が買えるんですね~think はやぶさの写真は朝日だったので、朝日新聞フォトアーカイブで購入。さっそく額縁に入れました!

 

|

« 鎌倉&江ノ島 | トップページ | ビーチサイドウォーク »

コメント

「鳶色」は、アリスの堀内さんの有名な曲で出てきて(鳶色の瞳~note)、「萌黄色」はさだまさしさんの曲に出てたハズです(自信なしcoldsweats01

そうそう、マーチさんところでお勉強した「しずり雪=垂り雪」高山で見ましたscissors

投稿: 紫音 | 2011年1月10日 (月) 16:45

紫音さんへ
曲にも色名が出てくるのですね!

この大雪では、垂り、ドサッと頭の上に落ちてくる可能性もありますよね。こちらは初雪はまだです。

投稿: マーチ | 2011年1月10日 (月) 21:00

毎日寒い日が続いています。
ウオーク好きの私もさすがに出かけるのが少なくなりましたcoldsweats01
今日は少しましな感じです・・・・。
さてさて本を読んでドラマ化された場合の配役は私もよく考えたりします。
でも実際映画などになったもので原作を超えたものはないですよねえ・・・。
マーチさんはどうですか・・?
そして微妙な色を表現する日本語は美しいと思いますnote
私は錆朱という色が割と好きなんですが・・・。

投稿: 花花 | 2011年1月19日 (水) 09:01

花花さんへ
土曜日にちょっと歩きに行ってきますdash

tv配役もですが、ずいぶん前にご紹介した「のぼうの城」が映画になるんでCMが流れているのですけど、私はイントネーションなしの「のぼう」で読んでいたのです。CMではアクセントが頭の「の」についていましたから、これもなんだかへぇ~って感じですcoldsweats01

錆朱の色もさっそくどんな色かチェックしました。なんでもかんでも朱色じゃないんですね。

投稿: マーチ | 2011年1月19日 (水) 20:48

歴史小説で配役まで浮かぶのはイイですね。

語り口なめらかで、つい引き込まれてしまう、好きな作家です。
新作の『三人小町の恋~』も出ましたしね!。
新作出ると手に取ってみたくなります。

新作が話題なのか、いろんなところでネタになっていますが、
http://www.birthday-energy.co.jp/
というところでは、田牧大和さんにスポットを当てた記事で
これはこれで興味深かったです。
「逆境でも努力で道を切り拓く挑戦者」だそうですよ!

これからが逆境との事ですが、たのしい作品を提供してほしいですね。

投稿: 一仁 | 2011年11月 7日 (月) 22:19

一仁さん、コメントありがとうございます。

新作の『三人小町の恋~』、図書館に予約中ですsign01 読むのが楽しみですheart04
田牧さんの作品は以前よりも予約待ちの人が増えてきましたcoldsweats01

投稿: マーチ | 2011年11月 8日 (火) 06:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鎌倉&江ノ島 | トップページ | ビーチサイドウォーク »