« 見られました! | トップページ | 松の木 »

2011年9月 9日 (金)

永遠のゼロ/百田尚樹

表題のゼロって?
・・・airplane零戦のことです。

祖母松乃は、特攻で死んだ「宮部久蔵」という前の夫については、宮部と松乃の娘である清子にも、再婚した夫にも話さずにすでに亡くなっている。宮部久蔵を知るために、清子の子である健太郎、慶子姉弟は祖父の戦友たちを尋ね歩く。

母が「子供たちに物語が残らなかった人というのは、そのほうが良かったからかもしれないって気もするわね」と語る、祖父は元特攻隊員と言うからには勇ましい人かと思いきや臆病者だったと聞き・・・。

複数の戦友たちの話を聞いていくうちに祖父に対するイメージは変わっていきます。そして最後の語り部は大石健一郎。祖母の再婚相手です。

場当たり的な作戦で、将棋の駒のように使われた兵隊たちがいた時代。兵隊経験者の前で読めば、きっと涙されることでしょう。
「どうして特攻で死ねますか。自分の死は無意味で無価値と思って死んでいけますか。死んでいった友に、お前の死は犬死にだったとは死んでも言えません」

プロローグとエピローグは元アメリカ軍の兵士の回想です。それは「宮部久蔵」の最期を日本人が見届けられなかったからでしょう。

著者のデビュー作で、文庫本が出ています。厚みを見て手に取るのを躊躇するかもしれませんが、読み易い本だと思います。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

1本だけ生き残ったへちまは、今頃になって実をつけだしました。他に邪魔者がいないのでネットを縦横無尽に陣取っています。
トマトもまだ花を咲かせたり、新芽が伸びたりしているんですよscissors
右:今日の夕焼けはきれいだったのでパチリ。線路です。
201109091 201109092

|

« 見られました! | トップページ | 松の木 »

コメント

へちま、がんばっていますねhappy01
少し夏に逆戻りしたようなお天気sunで植物も戸惑ってるかな。

今年は、うちの近所では、ゴーヤをみどりのカーテンにしているお家が何軒もありました。
でも、ゴーヤは見かけず、さっさと収穫したのか、実がつかなかったのかsign02

投稿: 紫音 | 2011年9月11日 (日) 01:08

今年は梅雨が早かった影響が出ているのかも知れないと感じています。我が家は連作負けでしたが、どこのお宅も例年より育ちがよくなかったようです。
ヘチマ、頑張っていますが、そろそろ十五夜ですから目的のヘチマ水を取りたいと思っています。

投稿: マーチ | 2011年9月11日 (日) 08:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見られました! | トップページ | 松の木 »