« 花菜ガーデン | トップページ | 蛍草/葉室麟 »

2013年5月25日 (土)

カラスの教科書/松原始

著者紹介欄には、研究テーマはカラスの行動と進化とありますが、そのすぐ下にはカラスに燃え、カラスに萌えるカラス馬鹿一代。趣味を何か一つだけと聞かれれば敢えて言おう、カラスであると! と書かれてあるように、学術書ではなく砕けた本です。
図書館でも常に誰かが予約して待っている状態で、人気ありますsign02

”現在ではかつてあったカラスの神性は薄れ、太陽の鳥であったことも忘れられてしまい、不吉な印象ばかりが残っている、カラス好きとしてはとても残念なことだ。・・・・・
この本をお読み頂いた方のカラスを見る目が、明朝は少しでも優しくなることを願ってやまない。”
という、(作者の)並々ならぬカラスへの愛情を感じます。

項目を書き出しますと、
第一章 カラスの基礎知識
 カラスという鳥はいません
 カラスの一生
 カラス君の家庭の事情
 カラス的グルメ
第二章 カラスの餌と博物学
 カラスの採餌行動
 カラスのくちばし
 山のカラスたち
 カラスの遊びと知能
 太陽と狼とカラス
第三章 カラスの取扱説明書
 それはゴミではありません
 カラスよけの効果
 頭を蹴られないために 初級カラス語会話
第四章 カラスのQ&A

さて、神性の名残、ヤタガラスがシンボルマークになっている日本サッカー協会。
次のsoccer試合で、ワールドカップ出場を決めてもらいたいですねshine

|

« 花菜ガーデン | トップページ | 蛍草/葉室麟 »

コメント

表紙絵が憎めない~~happy01
カラスの被害はありませんが、ときどきハトがベランダに飛来してくるんですよangry
今どきのカラスやハトは、人馴れしてきているのか目線が合っても逃げませんねgawk

投稿: 紫音 | 2013年5月27日 (月) 09:45

紫音さんへ
以前、集合住宅に住んでいたとき、お隣のベランダに鳩が巣を作って、雛がかえっていましたsweat01
鳩は悪さはしませんが、鳴き声と糞には困りますね。

投稿: マーチ | 2013年5月27日 (月) 17:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花菜ガーデン | トップページ | 蛍草/葉室麟 »