« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の記事

2013年6月26日 (水)

レンズの保管方法

tvでやっていたって言ってたかな、レンズにカビが生えると大変なので、「密閉容器にシリカゲルを入れて、さらに、ガムテープを巻いて保管する」のがいいんだってnote と教えてもらいました。
フィルムカメラの時代、カビが生えて修理に出したことあるんですよね、分解修理で、いいお値段だった記憶があります。

シリカゲルは、衣類の防虫剤コーナーにありました。
青がピンクに変わったら効果終了だそうです。わかりやすいflair
注意書きに
小袋を切断し、中身を電子レンジ(強)で2~3分ずつ数回加熱しブルーに戻し、封筒や紙袋に包み再利用してください。
ですって。
なんと、経済的shine

で、
ちょうど良さそうな大きさの密閉容器も買ってきて収納しました。
空いてるところには、この写真撮影に使ったレンズとボディがうまく収まりますscissors
年中使うので、ガムテープでぐるぐる巻きはなし。
はがすとき絶対にベタベタが残るしね、ガムテープはちょっとね~sweat01

長いレンズを持っているTRにも勧めておきました。
ピッタリのケースがあるといいんだけど。
201306261 201306262

咲き始めたフーセンカズラの花
201306231 201306232

| | コメント (2)

2013年6月18日 (火)

萩園橋のアジサイ

ご近所の庭のアジサイには枯れ始めているものも出てきたので、アジサイを見に電車で出かける気がせず、近場に行ってきました。やはり、見ごろは過ぎていました。色もあまりきれいじゃないです。

我が家の花。
左はこぼれ種から、1ポットだけ育てました。1センチくらいの大きさの花です。何の花かな? 鉢が余っていないので、雑草待遇で、いまだポットのまま。
右はハマナデシコ。咲き始めました。ほかにアサガオも、フーセンカズラも咲き出しました。
201306181 201306182

萩園橋にbicycle向かう途中の田んぼで。何を食べているんでしょうね。
201306183 201306184

萩園橋近くの土手。
201306185 201306186

201306187 201306188

蝶々はいっぱい飛んでいました。
201306189 2013061810

| | コメント (3)

2013年6月17日 (月)

大庭城址公園

15日にTRが行っていました。
新しくできた遊具で遊んでいるのは、里山公園よりグッと年齢層が低かったそうです。
201306151 201306152

201306153 201306154
右写真の虫、何でしょうね。食欲旺盛です。この葉っぱ、食べ尽くす勢いです。

| | コメント (2)

蛍放生祭

UPが遅くなりました。6月8日のことです。
鎌倉・鶴岡八幡宮。
201306081 201306082
右写真の四角く囲ってある部分に蛍が入ってるみたいでした。
これを19時からの一連の儀式のあとで、ここの幼稚園児かな、舞殿から入った暗がりの池に放ったわけです。
我ら一般人は、左写真の白いコーンの場所に並んで、ひたすら待機。
蛍が放された池に行けたのは8時過ぎでした。

暗いし、人は多いしで写真は撮りませんでしたが、幻想的でした。
私は生まれて初めて蛍を見ました。思っていたよりも小さかった。

この蛍、ゲンジボタルでしょうな、透明なプラスチックケースに入っているものを持ち帰って、蛍が死んだら、そのケースに葉っぱが入っていたのですが、そこに卵を産んでいるかもしれないので、八幡宮に持ってきてください、とのこと。無料ではありませんよ。500円とか言ってましたかね、「蛍はどのくらい生きているんですか?」と聞いたら、1週間との答え。蛍の地上での暮らしは、蝉みたいなものなんですね。

201306083 201306084

| | コメント (2)

2013年6月 7日 (金)

東慶寺

今年もイワガラミの特別公開に行ってきました。
~13日(木)まで
時間:平日(1日2回) 11:00~12:00 および 13:00~14:00
土・日曜日(1日1回) 9:00~10:00
集合:本堂前

今日は、なにやら横須賀線戸塚駅で人身事故があったようで(電車が止まって人が来ないわけです)、13:00からの公開にはほとんど行列もなく、ゆっくり見ることができました。午前中は大行列だったようですが、何度でも回れるくらいでした。回りませんでしたけどね。
ゆえに、
行列ができていないので、公開されていることに気付かない拝観者も。近くにいた人には声をかけましたが、受付で教えてあげればいいのになって思いました。
201306071 201306072

右:イワタバコの土壁。この先を登ったところに秀吉と淀君の子、豊臣秀頼の娘(母は千姫ではない)で東慶寺二十世住職として「縁切り寺法」を守り抜いた天秀尼(てんしゅうに)のお墓があります。今、その天秀尼展(敷地内の松岡宝蔵 ¥300 月曜休館)も開かれています。
201306073 201306074

左:イワタバコ。右:イワガラミはこの1本の根っこから本堂裏の壁一面に広がっています。
201306075 201306076

201306077 201306078 

中:八重のドクダミ。
201306079 2013060710 2013060711

| | コメント (6)

2013年6月 1日 (土)

部屋着ベスト

201306011 201306012 201306013
端布で一度試しに作ったものを改良しました。
真ん中の写真は裏返して撮影しました。

肩をすっぽりおおった形のものが欲しかったんで、ラグラン袖です。
気に入ったので3枚も作ってしまいました。冬は冬の生地で作りたいな。
私は洋裁は学校で習っただけなので自己流ですが、型紙は身体に合うように適当に作りました。

ミシンの手順は次のように作れば、簡単です。(私はしつけ無し、まち針だけで縫います)。
(1)見返し部分の端の縫い代始末
(2)前後の脇を合体→すその隅を織り上げて縫い、表に返す→裾から脇と袖ぐり部分の縫いしろ始末(割って半分に折り込んで表地と一緒に縫う)→スリットと袖の縫い止め部分にほつれ止め縫い
(3)前後の肩を合体→肩の縫い代始末
(4)前身頃と後ろ襟回りの見返しを合体→合体部分の縫い代始末
(5)見返し部分と身頃を合体→カーブの縫い代に切り込みを入れる→表に返す
(6)見返し部分と裾部分の端に一周、ステッチをかける
(7)ポケットを付ける
(8)ボタンホールを付ける
(9)ボタンを付け、完成!

縫い代は
脇から袖ぐり部分の2センチ、裾は4センチ、前身頃の肩は1.5センチ、後ろ身頃の肩は0.7センチほど。
型紙の紫色部分は芯地です。

型紙です。プリンターによっては大きさが微妙に違うかもしれません。A4を14枚も使います。
ご自身の体型に合っていればいいのですがcoldsweats01
一度にアップできなかったので、2つに分けています。
「ベスト型紙1-7.pdf」をダウンロード
「ベスト型紙8-14.pdf」をダウンロード
201306014 201306015
おまけの写真は、最近気に入っている「わさび豆腐」。
わたしはお醤油も薬味もなしでおいしいな、と思います。

| | コメント (4)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »