« 高温注意報 | トップページ | プーシキン美術館展 »

2013年8月17日 (土)

子どもにつたえる日本国憲法/井上ひさし

8/16の朝日新聞に、
もし、8/15に戦争が終わらなかったら、米軍が茅ヶ崎の海岸から上陸して、首都に侵攻する計画があった。という記事が載っていました。
「神奈川に住む人々にとって、沖縄や広島、長崎の戦争被害を代償に、戦場と化すことから逃れたという事実は重いと思う」と。

この本は、
「前文」と「9条」が子どもにも読める言葉に翻訳されています。
いわさきちひろの絵で絵本感覚で伝わってきます。
それだけでなく、後ろの方には、キチンと日本国憲法の「前文」も「全文」も載っています。

(前文より)
  日本国民は
  これから築きあげようとする
  私たちの国のほまれのために
  ありたけの力を振りしぼって
  これまで書いてきたことを
  やりとげる決心である

 (日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげて
 この崇高な理想と目的を達成することを誓う)。

|

« 高温注意報 | トップページ | プーシキン美術館展 »

コメント

こういう本があるのですね、初めて知りましたthink
今度、図書館で探してみよう。

投稿: 紫音 | 2013年8月20日 (火) 09:05

紫音さんへ

児童書コーナーにあると思います。
薄手の本です。

投稿: マーチ | 2013年8月20日 (火) 20:07

憲法の本って読んだことがありませんcoldsweats01
恥ずかしながら興味がないまま、この歳に
なってしまいました。
最近話題になっていることだし、こんな本で
入門するのもいいかもしれないですね。

投稿: 花花 | 2013年8月21日 (水) 09:35

花花さんへ

前文は、私は結構いいことが書いてあると思っています。
一度、手に取ってご覧になってください。

投稿: マーチ | 2013年8月21日 (水) 20:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高温注意報 | トップページ | プーシキン美術館展 »