« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月の記事

2014年2月26日 (水)

常立寺(じょうりゅうじ)のしだれ梅

湘南モノレール江ノ島駅すぐ近くのお寺です。
境内にはまだ雪が残っていました。
茅ヶ崎もまだ雪が残っているんです。この間の雪は、たぶん、こっちの方が東京や横浜より積もったんじゃないかな。
201402261 201402262 

201402263 201402264

えのすいにも寄りました。
201402265 201402266

すぐ近くの江ノ島がやや霞んで見えました。晴れているのにね。
中国からのPM2.5の分布予測で、関東が黄色で表示されていたから、それでかも。。
歩いているときに、「もう、花粉、飛んでるよね~」の声もear
春はなんだか、ほこりっぽい。
201402267 201402268
交差点の舗道には、こんなポールが必要なのかもしれないと思う昨今です。

| | コメント (2)

2014年2月21日 (金)

岡山城~龍野城

19、20とTRが行っていました。
19日は雪の予報でしたが、はずれてよかった。

岡山城
201402191 201402192 201402193

岡山の路面電車と姫路城
201402194 20140219

姫路城前にある「ひめじの黒田官兵衛大河ドラマ館」と姫新(きしん)線
姫路城は黒田官兵衛さんが建てたお城みたいですけど、違いますからね。
この兜をドラマの中で岡田くんがかぶるんですね? あんまり格好良いイメージが湧きませんが。
201402196_2 201402201

龍野城
最寄り駅は、姫路からのJR姫新線(ほぼ1時間に2本)、本竜野駅。
201402202 201402203 201402204

龍野城、本竜野駅、たつの市、う~ん、使い分けが難しい。

茅ヶ崎にもありますが、赤とんぼの歌碑があるそうです。作詞家三木露風さんのふるさとなんですね。ちなみに作曲家の山田 耕筰さんが赤とんぼを作ったときに住んでいたのは茅ヶ崎です。

3/15から23まで「第8回龍野ひなまつり」が行われるそうです。

余談:
パソコンが壊れている間、Microsoft IMEを使っていたのですが、ふだんATOKを使っているので、使いにくかった。
たつのじょう=龍野城も、ほんたつのえき=本竜野駅も、たつのし=たつの市も、ATOKはちゃんと一発で変換されるんです。宮沢賢治くらいちゃんと一発で出てほしい、わけで、お金はかかりますが、ATOKがやめられないんです。


| | コメント (2)

2014年2月16日 (日)

CP+

朝から雪がちらついていた金曜日に、行ってきました。
CAMERA&PHOTO IMAGING SHOW・カメラや用品などの展示会です。事前登録すれば1500円の入場料は無料。
昨日は中止になったので、最終日の今日は混んだのかもしれません。

帰りのことを考えて、開始時間に合わせていったのと、やはり天気が天気でしたので、空いていました。
朝一番に望遠レンズをのぞかせてもらったんですけど、なんだかピントが合わない。
電池を充電したまま、入れるの忘れていたんですって。

ジオラマが何カ所かありましたね。
201402141 201402142

空飛ぶカメラと走る自転車に搭載したコンデジフォルダ。
201402143 201402144

こんな天気ですから、防水型のコンデジを持って行っていました。
201402145 201402146

ランドマークタワーは3分の1くらいが雲の中です。
右写真は家に戻ってから、ちっこい「かまくら」を作ったので、記念撮影。
201402147 201402148 201402149

帰りの車窓から。右は戸塚の開かずの踏切にできた歩道橋。
2014021410 2014021411

その踏切を1月に撮った写真。
車は踏切を渡るのね。回り道はありますけどね。
201401251 201401252

壊れていたパソコン、結論としては、リカバリで直りました。
メーカーに出したので費用はかかったらしいけど、私に落ち度はないので無料でした。
正確には、違うかな。
リカバリの費用は確か16000円です、とか言うんで、
「自分でできます!」といってキャンセル。一日かかって復活しました。

まあ、戻ってくるのに日数を要しましてね、あちら様の都合なのでしょうが。
で、昨日は暇だったので取りに行ったのですが、バス停には「運行中止」の張り紙が。電車は動いてたんですけどね。
雪が溶けているところは水たまりの中を、車が走らない道は人が踏みしめた上を、自転車で行くわけにも行かないので、歩いて行きました。
転ぶことなく、無事に着きましたよscissors

| | コメント (4)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »