« あしかがフラワーパーク&里山公園 | トップページ | 三渓園 »

2014年5月24日 (土)

たけくらべ

樋口一葉と言えば「たけくらべ」というのは、知っていましたが、つい先日、原作を読み終えたばかり。なにしろ、昔の仮名遣いだし、句点「。」が少ないこと少ないことcoldsweats01
「廻れば大門の見返り柳いと長けれど、お歯ぐろ溝に燈火うつる三階の騒ぎも手に取る如く、・・・」岩波文庫のこの最初のページに句点なし、ですからね、私には今の作家が書いた江戸の市井ものより読みづらい本でした。(原作は青空文庫でも読めます)。
でも、傑作であることはわかりました。

有名な歓楽街・吉原とその周辺が舞台です。
遊郭に寄り添って生きている特殊な地域の子供たちが、夏から初秋にかけての季節の移り変わりの中に描かれています。
「たけくらべ」という題名は、「伊勢物語」の和歌からの引用で、「たけくらべの仲」とは、幼馴染みがたがいに愛しあうようになるという意味だそうですが、このお話は、思いを胸に秘めたまま離ればなれになってしまい、大人の社会に取り込まれてゆく少年少女の悲しみが主題になっています。
原作では、それぞれの読者の想像にお任せの部分が、マンガでは描かれてしまっているところもあります。でも、当時の祭りの様子や、暮らしの様子もわかりますから、そのあとで、原作を読んでもいいかもしれません。

まんが たけくらべ/すずき大和 おもな登場人物ページ↓
20140524

|

« あしかがフラワーパーク&里山公園 | トップページ | 三渓園 »

コメント

句点が少ない原作本って、私だったら3行でギブアップですcoldsweats01
電子書籍の普及ってどうなんでしょうねぇ?
マーチさん、タブレットで読書してますか?
最近、電子書籍のギフト券が複数届き、お料理本など実用書ばかりDLしましたscissors

投稿: 紫音 | 2014年5月25日 (日) 16:48

紫音さんへ
漢字なら読めるのにかな書きだったり、古典に近い感じがしました。マンガは、わかりやすいです。

私もギフト券で購入してみましたが、小説は紙の方がいいです。あと、どのくらいで終わるとかも把握しやすいし。
マニュアル本やお料理本は、電子書籍の方が開いたままにできるのでいいと思いますけどね。
紙よりそれほど安いわけじゃないし、売れてないんでしょうかね。

投稿: マーチ | 2014年5月25日 (日) 19:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あしかがフラワーパーク&里山公園 | トップページ | 三渓園 »