« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月の記事

2015年1月28日 (水)

天に星 地に花/帚木蓬生(ははきぎ・ほうせい)

「終章」のあとの「後記」で、実在の人物とその祖先のお話だと言うことがわかりました。いわば大河ドラマの様相です。

第一章の「年貢責め」が実に面白くなく、最後まで読めるかsign02と思いましたが、第二章の「疱瘡」からは面白く読むことができました。(第一章は大事ですcoldsweats01 )
饑餓・蟄居・婚礼・鬼夜・開業・人別銀・一揆・梟首(きょうしゅ)と続きます。

人格者の親がいて、出来の悪い長男が大庄屋の跡を継ぐ。
主人公は次男の方で、久留米城周辺が舞台です。

主人公の庄十郎は13歳の時に疱瘡にかかるが、医者の小林鎮水(ちんすい)の治療で助かる。だが、看病で疱瘡がうつった母の菊は亡くなる。
恨みに思った長男の甚八は、井上村から出て行け、二度と筑後川を越えるなと言い放つ。
庄十郎は、鎮水の弟子になり、医者になる。
世相と妹の千代もからみ、物語は進みます。ちなみに実在の人物は千代の夫と子孫です。

天に星、地に花、人に慈愛
この言葉が、キーワードです。

自分では、病者に慈愛をそそいでいるつもりだった。しかし、肝腎の父母に慈愛をそそいではいない。人には説いていても、母や父の霊を、この己自身が大切にしていない。
自分は、何という裏表のある生き方をしているのか。まるで己の親不孝を糊塗(こと)するために、周囲に親孝行を説いているようなものだった。

のちに、主人公は長男の胸の内を知ることになります。

現実は、どうでしょうか。
お互いに心がすれ違ったまま、人生を終えるのではないでしょうか。
胸の内を知ることができてよかった。そう思いました。

| | コメント (2)

2015年1月27日 (火)

梅と椿

昨日、今日と暖かいです。
高砂(たかすな)緑地の梅がチラホラと咲き出しました。
201501261 201501262

下の左写真までが高砂緑地で、右写真からは氷室椿庭園。
椿もまだチラホラ咲いている程度。
201501263 201501264

201501265 201501266

1/11に赤レンガで行われた消防出初め式に行きました。
ヘリコプターが、放水や水難救助のデモンストレーションのあと、観客の前を低空で飛んで挨拶してくれました。
親御さん抜きで、たぶん幼児じゃないかな、子どもと消防士さんだけで、このはしご車に乗っていました。
おとなでも絶対に怖いと思うんですけど、泣いていなかったな。すごいな。
201501111 201501112 201501113

ところで、メール便がなくなっちゃうんだそうでpaper
郵便だと定形外になるCDとか送るのに便利だったのに、残念。

| | コメント (2)

2015年1月 6日 (火)

心中しぐれ吉原/山本兼一

物語は一人称で書かれていますが、読みやすいと思います。

蔵前の札差「大口屋」の主、文七の女房のみつは、不忍池の出会茶屋で役者と心中した。
文七は、殺されたと確信を持つが、調べれば調べるほど、状況は心中という方向にいく。

表紙は、やはり一人称で登場する吉原・松葉屋の花魁瀬川でしょうね、前から見た姿、背表紙は後ろから見た姿が描かれています。
文七は女房に対してもheart04ですが、瀬川に対しても heart04 なんです。

疼き
痛み
裏切り
棄捐令(きえんれい)
極楽の村
激痛
人間界
終章 甘露のしぐれ

章のタイトルを見てもわかるように、明るいお話ではないです。
殺人だとすると、犯人がいるわけで、先が気になるわけですが、本のページ数が少なくなるに付け、気になることがもう一つ。物語が完結しているのか、と言うことです。

作者は2014年2月に亡くなっています。
本の発行日は2014年10月18日。

内容は書きませんが、ちゃんと完結していることだけお伝えしておきます。

「火天の城」「利休にたずねよ」の作者です。
つくづく残念です。

| | コメント (4)

2015年1月 3日 (土)

三が日

元日は、東の空に雲がかかっていたので、初日の出を見に行きませんでした。
おまけに午後からは雪も降りましたし、ずっ~と家にいました。

2日から活動開始。まずは鶴岡八幡宮へ初詣に。
雪が少し残ってたので、神苑ぼたん庭園へも寄りました。
ぼたんは花びらが霜にやられた、って感じで、アップに耐えられる花はほんのわずかでした。
201501023 201501024

池も凍り付いていました。
201501025 201501026

ロープ規制の前にお参りを済ませて、裏の道から帰りました。
駅から八幡宮まで車両通行止めなので、バスもいつも通らない細い道を通っていました。
小町通りの鳥居も、ふだんは撮れないアングルで。
201501021 201501022

そのあと、江ノ電で江ノ島まで行き、えのすいに寄って、江ノ島小屋が待ち時間なしで入れたので、昼食をすませて帰宅。

3日は、朝、「浜須賀」の歩道橋(駅伝の3区は、ここから海沿いの道に入る)近くの浜辺へbicycle
江ノ島から日が昇りました。
201501031 201501032

帰ってまもなく、再び134号線いつもの場所へshoe 駅伝の応援です。
1位が通過してから、2位がなかなか来なかった。強かったですね、青学。
201501033 201501034

| | コメント (4)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »