« 鎌倉 宝戒寺&大巧寺 | トップページ | 埼玉・寄居 »

2017年11月 4日 (土)

小田原城総構え

10月9日のイベントに行ってきました。
小田原城では、おでん祭りの開催中。
おでん屋さんの前は大行列でして、時間の関係で、おでんは食べられなかったけれど、おでんの具材だけは買ってきました。

小田原市内にある相洋高校の太鼓を拝見。このあと小田原城のイベント会場でも披露していたみたいです。
格好良かったですからね、引っ張りだこですね。親の協力あり、って感じでしたから、親も大変そうだなあ、なんて思いました。

あと、ブラタモリ・小田原編に登場した先生?のお話を聞くことができました。
前に石垣山一夜城に行ったとき、手前の木々が邪魔で、小田原城が見えないじゃん、と思っていたのですが、このとき、この木々は切るということを聞きました。それじゃあ、切ったあとにまた行かないとね。
これからの小田原は観光地として変わっていきそうな雰囲気ですわ。

20171009_1 20171009_2

この日銅門は特別公開中でした。立派な木材の梁が見られました。常に公開されていればいいんですけどね。
20171009_3 20171009_4

小田原城は鉄筋コンクリートですが、こちらは、戦国時代なごりの総構えの堀切。さっきの相洋高校の近くにあります。
20171009_5 20171009_6

20171009_7 20171009_8

堀切から駅に向かって歩いている途中で見られる風景と小田原駅前にある銅像。北条早雲です。
千頭の牛の角に松明を灯て小田原城に攻め入ったときのイメージでしょうね。
千頭の牛というのは、たいへん怪しい話ですが。
20171009_9 20171009_10

|

« 鎌倉 宝戒寺&大巧寺 | トップページ | 埼玉・寄居 »

コメント

お城を覆い隠す木は邪魔ですよねhappy01
わが町のお城も何年か前まで、立派な石垣を隠す木が邪魔でしたが今はちゃんと伐採されています。
小田原って、おでんの具の練り物類が有名だったかしら?

投稿: 紫音 | 2017年11月 7日 (火) 17:46

紫音さんへ

当時の武将が見た風景を眺めたいですもの、見晴らしは大事ですよね。

箱根駅伝の小田原中継所は、かまぼこ屋さん前で~す。
海寄りには「小田原かまぼこ通り」という通りもあります。練り物が郷土料理に発展していったんでしょうね。

投稿: マーチ | 2017年11月 8日 (水) 21:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鎌倉 宝戒寺&大巧寺 | トップページ | 埼玉・寄居 »